« 漆器の写真は難しい | トップページ | 「極上の会津」をプレゼント »

2007年7月11日 (水)

第三の人生

定年後の人生を「第二の人生」と呼ぶことが多いようです。
Googleで検索してみると、完全一致にしても534,000件もありました。(「第2の人生」が262,000 件)

それでは「第一の人生」とは、それまでの勤め人人生のことなのでしょうか?
人それぞれの定義があるようですが、「会社や家族のために働くのが第一の人生」というのが一般的なところでしょう。
それなら、その前は何なのか?
「人生の前奏曲」とでも言ったらいいのでしょうか。そんなことだったような気がします。

私の場合、大阪で働いていた26年間が「第一の人生」、9年前に会津へJターンしてからの職業生活が「第二の人生」と、分けられるように思います。

昨日、6年間勤めた地元の工場を退職しました。定年には数カ月早かったのですが、「第三の人生」のスタートを切ることにしたのです。
「第三の人生」では、自分自身が「会津暮らし」を楽しみつつ、「会津のいいとこ・いいもの・いいこと」をインターネットで広く紹介していくことをライフワークにしたいと思っています。

昨日は、会社で送別会をやってくださいました。わずか6年の勤務なのに思いもかけないことでした。
心のこもったねぎらいや励ましの言葉をいただいて、人生の区切りの緊張感が湧いてきました。
出席できなかった方も含めて皆さんからお祝い品までいただき、若い男性2人から「花束」をプレゼントされました。

この緊張感を持ち続けながら、「第三の人生」を歩んでいきたいと思います。

Daisan
若い男性2人から贈られた花をデスクに飾って…

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

|

« 漆器の写真は難しい | トップページ | 「極上の会津」をプレゼント »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

田舎暮らし」カテゴリの記事

コメント

第一の人生、第二の人生、長い間大変
      ご苦労様でした。
そして第三の人生を出発されるわけですね、、
技術を持って、ご自分のライフワークを大切に、ゆっくりと、楽しみながら、奥様と健康第一に、歩んでください。
このところ、色々忙しく 、大塚さんのブログにお邪魔できずにおりましてすみません。<(_ _)>
今日は、猪苗代まで出かけましたので、解っておりましたら、私からの花束をお届けしましたのに
・・・・。
私も5年前27年間勤めた職場を退職、のんびりと第三の人生を踏み出しましたが、、、途中から、予想外のPCを憶えドライバーになったこと、加えて主人と共に写真にのめりこんだことで、非常に多忙な毎日を送ることになってしまいました。
でも健康に恵まれ怠屈もせずそこそこ楽しく日々を送れることは、幸せだと、思っております。
どうぞ、これからの人生をゆったりと実りあるすばらしい日々に染めていってください。

投稿: makojunn | 2007年7月17日 (火) 00時56分

温かいお言葉を、ありがとうございました。
「第三の人生」の先輩として、これからもどうぞよろしくお願いいたします。
「会津のいいとこ」(有名でないところも)をいっぱいご存知ですし、花について(私は知識が乏しい)も、makojunnさんのブログで学ばせていただきたいと思います。

投稿: 住人 | 2007年7月17日 (火) 04時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/206851/15727344

この記事へのトラックバック一覧です: 第三の人生:

« 漆器の写真は難しい | トップページ | 「極上の会津」をプレゼント »