« 「漆粘土の可能性 展」 | トップページ | 飯豊の花々 »

2007年8月 1日 (水)

40年ぶりの飯豊(いいで)

Iide0707a

高校生だった遥か昔に歩いた稜線を、ぜひまたと思っていました。
7月29日から31日まで、喜多方市山都町で行われた第53回「飯豊の集い」に参加、ようやく念願をはたすことができました。
飯豊本山、御西(おにし)岳を経て大日岳まで往復する「大日岳コース」と、御西岳付近のお花畑までの「本山・お花畑コース」があり、私は「お花畑コース」でした。
(飯豊で出会った花々は別記事に)

Iide0707b
御沢(おさわ)野営場での開会式

Iide0707c
長坂をようやくのことで登って稜線に出ると、剣ヶ峰の難所が待っています。

Iide0707d
三国小屋から宿泊地の切合(きりあわせ)小屋へ。ゆくてには霧の峰々。

Iide0707e
2日目、雲海の上に朝日が。(切合小屋付近)

Iide0707f
飯豊連峰の最高峰、大日岳(中央)もすっきりと見えました。(切合小屋付近)

Iide0707g
草履塚(中央)と、御西岳(左)、飯豊山神社のピーク(右)

Iide0707h
大日岳、御西岳を望みながら、御秘所(おひしょ)付近を進みます。

Iide0707i
本山小屋と飯豊山神社

Iide0707j
飯豊山(本山)の山頂

Iide0707k
稜線のあちこちにお花畑が広がっていました。帰途は大きな雪渓を渡って。

Iide0707l 
3日目は、雨が降ったりやんだりの中を下山しました。

御沢野営場に到着すると、実行委員会の方々が出迎え、豪華なお弁当、きのこ汁などでもてなしてくださいました。
閉会式では、全員に飯豊連峰踏破の「認定証」も。
Iide0707m

公共の温泉施設「いいでのゆ」の入浴券もサービスしていただいて、温泉で山の疲れをほぐすことができました。(写真は「いいでのゆ」の露天風呂)
Iide0707n

この催しでは、スタッフの方々の至れり尽せりのサポートがありました。そのおかげで、全員無事に帰還、素晴らしい思い出を作ることができたと思います。ありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 地域生活ブログ 福島情報へ

|

« 「漆粘土の可能性 展」 | トップページ | 飯豊の花々 »

会津のいいこと」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

温泉」カテゴリの記事

コメント

飯豊は万年雪と聞いていましたが、凄いんですね。私は、山に登ったことがないので想像がつきません。山小屋に泊まるんですよね。急な登りはないのですか。変なことばかりですみません。

投稿: 只見 佐藤 | 2007年8月 4日 (土) 18時44分

はじめは急で長い登り坂、上の方には鎖場もありますが、苦労して登った後の雄大な眺めや咲き乱れる花々が何ともいえません。
近くには浅草岳のような素晴らしい山もあるのですから、佐藤さんも始められてはいかが。

投稿: 住人 | 2007年8月 5日 (日) 06時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/206851/15975819

この記事へのトラックバック一覧です: 40年ぶりの飯豊(いいで):

« 「漆粘土の可能性 展」 | トップページ | 飯豊の花々 »