« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

2007年8月31日 (金)

『農のある人生』

瀧井宏臣著『農のある人生-ベランダ農園から定年帰農まで』(中公新書,2007.6)を読み了えた。
今日はその内容を紹介したい。

「北海道から九州まで各地を訪ね歩き、ベランダ農園から定年帰農まで、さまざまな取り組みについて報告したルポルタージュである。」(はじめに)

第1章では東京・練馬区の「農業体験農園」が紹介されている。
農業体験農園とは、自治体やJA(農協)が農地を市民に貸し出す市民農園や、果樹のもぎ取りやイモ掘りなどを売りにしたいわゆる体験農園とは違い、「市民が農家の指導を受けながら種播きから収穫までの農作業をトータルに体験できる農園」とのこと。
市民は、野菜の栽培技術を学べ、自分で作った新鮮でおいしく安全な野菜を食べ、栽培する喜びも味わえ、畑仲間や農家との交流を深めることができる、などなど。農家は農作業の負担が減り、安定した収入も得られ、行政は従来型の市民農園より管理運営面の負担が少ないという「三方一両得」。
都市農業の存続を模索する農家のアイデアで、1996年に誕生した。練馬区では毎年1園ずつ増やしてきたが、今では都内外で同様の農園が数多く開設されている。

第2章の「クラインガルテン」は、山小屋風の建物が付いた滞在型市民農園。ドイツ語で「小さな庭」を意味し、ヨーロッパ各国で独自の発展を遂げた都市住民のための農園がモデルだ。
日本での先駆けのひとつとなった長野県四賀村(松本市に合併)の取り組みと、ガルテナー(利用者)のいきいき生活。
クラインガルテンの人気は高く、様々なタイプのものが各地に続々と造られている。

第3章の「週末農民」では、大山千枚田(千葉県鴨川市)の棚田オーナー制度、小田原市早川地区のミカンの木オーナー制度、長野県飯田市のワーキングホリデーなどが紹介されている。

第4章は「半農半X」。
「半農半X」とは、塩見直紀さんが提唱する「自分たちが食べる分だけの農に携わりながら、自分の好きなこと、個性を活かした仕事に就いて生計を立て、社会に役立っていくライフスタイル」。着想のきっかけは星川淳さん(屋久島在住)の「半農半著」という言葉だった。
「半農半ヘルパー」「半農半陶」「半農半歌手」など、様々な半農ライフがある。
「半農半Xという生き方」は20~40歳代の若い層に共感を呼び、塩見さんのメッセージを受けとめて首都圏で活動を展開するNPO法人もある。

第5章は「団塊帰農」である。
北海道の麻田信二さんは任期途中の農政担当副知事から一農民になった。「日本農業の危機を乗り切るためには一人ひとりが自覚して農業に関わっていくしかない」という主張の身をもっての実践。
季刊『増刊現代農業』(農文協)は、1998年から4回にわたって「定年帰農」「団塊帰農」を特集し、ブームに火をつけた。
NPO法人「ふるさと回帰支援センター」は「ふるさと回帰運動」を展開、地域の活性化をめざしている。
豊田市の「農ライフ創生センター」、JA甘楽富岡などの、帰農支援の取り組みもある。
「定年帰農」は成功例ばかりではない。失敗しないための「定年帰農の心得」。

第6章の「市民皆農の時代」では、一坪菜園運動から有機農業の町へと成長した宮崎県綾町、浜田広さん(リコーの元社長)が提唱する「国民皆農」などが紹介され、著者は新しいキーワードとして「市民皆農」を提起する。
今の日本社会において市民が農に関わることの意味を次のようにまとめている。
①新鮮でおいしく、安全な食べ物が食べられる
②自ら作物を作り育てる充実感や喜びを得られる
③農作業に携わることで健康になり、ストレスを解消できる
④日本の農業を支え、食糧自給率を上げることにつながる
⑤残り少ない日本の自然や景観、文化を守っていく一助になる
⑥「農縁」の構築が、地域の再生や活性化のきっかけとなる
「市民の誰もが自分の流儀で農に関わり、農の復権を」というのが著者のメッセージだ。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月24日 (金)

渓谷の露天風呂

Yunokami0708a
Yunokami0708b

湯野上(ゆのかみ)温泉の川原の露天風呂です。
大川の渓谷美をたんのうしながら入る露天風呂は最高です。(おまけに無料ときている)
8月21日、田島方面にでかけた帰りに入ってきました。

川原の露天風呂へは、国道121号から湯野上温泉の民宿街(星乃井さんなどがある)を大川の方に入り、踏み切りを渡り、クルマ1台がやっと通れる道を川原まで下ります。

冬期間や川の増水時には入れません。混浴だし、つり橋や鉄橋を通る会津鉄道の列車からも見えてしまうので、女の人はかなり勇気がいるでしょうね。

私のホームページ「会津嶺~山と温泉」「湯野上温泉」のページがありますので、こちらもご参考に。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 地域生活ブログ 福島情報へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月23日 (木)

田島万古焼(会津の焼きもの その3)

田島(南会津町)に古くからあったが第二次大戦で途絶えていた万古焼(ばんこやき)を、30年ほど前に復活させたのが室井勝三(むろい・かつぞう)さん。大正8(1919)年のお生まれで、50歳過ぎての挑戦でした。

手ひねりで指紋が残り、土の色そのままの素朴な焼きもの。急須や湯呑などについている蛙(無事帰る)の飾りがトレードマークです。急須の蓋のつまみにはこれも縁起物の小さなサイコロが入っています。

客の注文で様々な飾り物を作られているそうで、中に河童の夫婦が1人?ずつ入ったぐい呑のセットなどもありました。
最近のものとして、従来からの茶色の土に白い土が混ぜ込まれた茶碗などがあって、これはロクロの加減が難しいのだそうです。勝三さんの挑戦は続きます。

勝三さんがいろいろと説明してくださったあとを引きついで応対してくださった若い男性、お孫さんとお見受けしました。3代で、窯を守り育てておられるようです。

(2007.8.21訪問)

「田島万古焼 勝三窯」は、国道121号を田島から日光方面に進んだ道路沿いにあります。
Banko0708a
Banko0708b

定番の蛙の飾りがついた急須(1500円)と湯呑(500円)を買い求めました。
Banko0708c

《田島万古焼 勝三窯》
福島県南会津郡南会津町関本729の2
TEL:0241-66-2258

※田島万古焼、室井勝三さんについては、笹川壽夫著『会津やきもの紀行』(歴史春秋、1996年発行)で紹介されています。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 地域生活ブログ 福島情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月18日 (土)

「ハイカラさん」と「あかべぇ」

昨日は孫たちと会津若松のまちなか周遊バス、「ハイカラさん」と「あかべぇ」に乗りました。
ボンネットバス(赤と緑がある)の「ハイカラさん」、ひょうきんな赤べこキャラクターの「あかべぇ」に、もうすぐ3歳の孫は大喜び。
Haikara0708
Akabe0708

「ハイカラさん」は、若松駅前→七日町→鶴ヶ城→御薬園→会津武家屋敷(朝夕は東山温泉まで)→飯盛山→若松駅前のコースで30分間隔で運行されています。今年8月からは、逆コースを1時間間隔で運行する「あかべぇ」も登場しました。会津若松のまちなか観光にはとても便利です。
1回乗車が大人200円、小人100円。1日フリー乗車券が大人500円、小人250円。
運行時間は、「ハイカラさん」が若松駅前発8:00から17:30(12月~3月は17:00)まで。「あかべぇ」が若松駅前発9:15から16:15まで(12月~3月は運休)。

7月から11月までの金・土曜日と休前日には、「まちなかライトアップ」にあわせて「ハイカラさん夜間運行」が行われています。(若松駅前発21:00まで)

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 地域生活ブログ 福島情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月16日 (木)

「SLばんえつ物語」号

もうすぐ3歳の孫は、電車やSLが大好き。8月15日、「SLばんえつ物語」号に乗り、会津若松駅から野沢駅まで1時間のSLの旅をしました。(「SLばんえつ物語」号は新潟駅まで運行)

私はクルマで野沢駅に迎えにいく役でしたが、車中では車掌さんたちがいろいろサービスしてくれたそうで、大満足で降りてきました。
Sl0708a

野沢駅では10分の停車時間があり、機関車に乗せてくれるという大サービスもありました。
Sl0708b
Sl0708c

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 地域生活ブログ 福島情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

孫たちの挑戦

8月14日、5歳ともうすぐ3歳の孫たちが、磐梯山登山に挑戦しました。
Bandaisan0708a

弘法清水の鐘が興味をひいたようです。
Bandaisan0708b

もうすぐ3歳の方は一部おんぶになりましたが自力で頂上アタックです。
Bandaisan0708c Bandaisan0708d

頂上でVサイン。
Bandaisan0708e

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活ブログ 福島情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月14日 (火)

猪苗代町のブルーベリー園

昨日は、京都から来た長男夫婦と孫(5歳の女の子)、山口から来た長女夫婦と孫(まもなく3歳の男の子)と、猪苗代町のブルーベリー園に行きました。

宇川 クリーンファームのブルーベリー園は、磐梯山の眺めがいいところです。
Ukawa0708a

完熟したブルーベリーは、とっても甘く、適度な酸味があります。
Ukawa0708b

背いより高いブルーベリーの木に囲まれて、ご満悦です。
Ukawa0708c

宇川 クリーンファーム(ホームページはこちら)のブルーべリー摘み取り園は、30分食べ放題(お土産パック付き)の入園料(消費税込み)が、小学生以上500円、幼児300円(3歳児は無料でした)です。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活ブログ 福島情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月11日 (土)

霊まつり-流灯花火大会

柳津の霊まつり、第2部は流灯花火大会です。

※クリックで大きな写真が表示されます

只見川に夕闇が迫ってくると、続々と観客が集まってきます。
Yanaidu0708i

午後7時から、川面に灯籠が流されました。何か、心に響く情景です。
Yanaidu0708j

午後7時30分、花火大会の開始。大会委員長と町長の挨拶の後、いよいよ打ち上げが始まりました。
打ち上げは川をはさんで両岸から。企業などの協賛によるもののほか、個人やグループが結婚記念などに打ち上げることのできる「マイ花火」というのもありました。
Yanaidu0708k
Yanaidu0708l
Yanaidu0708m
Yanaidu0708n
Yanaidu0708o
Yanaidu0708p

最終章は、仕掛の滝が只見川の川面に流れ落ちる中、両岸から次々と打ち上げられる花火が空いっぱいに広がりました。
Yanaidu0708q
Yanaidu0708r

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 地域生活ブログ 福島情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

霊まつり-法要と稚児行列

昨日、8月10日は、柳津(やないづ)の「霊(みたま)まつり」でした。

※クリックで大きな写真が表示されます

柳津は、日本三大空蔵尊の一つ福満虚空蔵尊(圓蔵寺)の門前町です。(湯の町でもある)
Yanaidu0708a

午後3時から圓蔵寺で法要が営まれました。お稚児さんの姿も。
Yanaidu0708b

集まってきたお稚児さんたち。お母さん方がわが子の晴れ姿をカメラに収めます。
Yanaidu0708c

圓蔵寺の下から、稚児行列が出発です。(午後4時ごろ)
Yanaidu0708d

行列は、旅館や土産物店などが並ぶ通りを進みます。
Yanaidu0708e
Yanaidu0708f

弘法大師が虚空蔵尊を刻んだ木屑がウグイに姿を変えたという伝説の「魚渕」まで行き、慰霊の行事が行われました。
Yanaidu0708g Yanaidu0708h

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 地域生活ブログ 福島情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 9日 (木)

磐梯山の歴史講座

会津若松市の福島県立博物館で、「シリーズ磐梯山」の歴史講座が4回にわたって開かれます。

《第1回》「恵日寺絵図を読む」
日時:9月8日(土)13:30~15:00
内容:「磐梯」「羽黒」「白山社」など、中世の絵図に描かれた社から山岳信仰について考えます。
講師:学芸員 木田浩

《第2回》「磐梯山と温泉」
日時:10月6日(土)13:30~15:00
内容:磐梯山の周辺にある温泉の、江戸時代以後の歴史について、お話しします。
講師:学芸員 高橋充

《第3回》「噴火報道と明治の新聞事情」
日時:11月10日(土)13:30~15:00
内容:噴火報道に挑んだジャーナリストの姿を追い、明治の新聞社とその報道姿勢を考えます。
講師:学芸員 星 幸

《第4回》「明治期子ども読み物と磐梯山」
日時:12月8日(土)13:30~15:00
内容:明治時代の子ども向け雑誌に紹介された磐梯山の記事や天鏡閣の工事の様子などを紹介します。
講師:学芸員 佐藤洋一

参加費は無料、場所は県立博物館の講堂で、申込みは不要です。

福島県立博物館のホームページはこちら

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活ブログ 福島情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 5日 (日)

壮大な計画

会津の漆器と絵蝋燭を会津の「漆の木」で作りたいと、漆の木の植栽事業に取り組んでいる団体があります。NPO法人「はるなか」で、私も4月に入会しました。(「はるなか」では、桜の植樹、藍・棉の栽培などもおこなっています。4月20日の記事参照)
昨日、喜多方市川前地区の漆植栽地で下刈り作業があり、初めて参加してきました。

Harunaka0708a

Harunaka0708b
この漆の木から樹液が採れるころ、この世にいるかどうかわかりませんが、“壮大な計画”の一端に加わっています。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活ブログ 福島情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 1日 (水)

飯豊の花々

飯豊で出会った花々です。
※クリックで大きな写真が表示されます

Iidehana0707a Iidehana0707b
【左】タテヤマウツボグサ  【右】シラネアオイ

Iidehana0707c Iidehana0707d
【左】チングルマ  【右】イワカガミ

Iidehana0707e Iidehana0707f
【左】ミヤマウスユキソウ  【右】チシマギキョウ?

Iidehana0707g Iidehana0707h
【左】ハクサンフウロ  【右】イイデリンドウ

Iidehana0707i Iidehana0707j
【左】コバイケイソウ  【右】ニッコウキスゲ

Iidehana0707k Iidehana0707l
【左】ヨツバシオガマ  【右】アカモノ(イワハゼ)

Iidehana0707m Iidehana0707n
【左】ハクサンコザクラ  【右】イワイチョウ

Iidehana0707o
タカネマツムシソウ

「いいで荘」のHP内に「いいで山の花達」のページ(こちら)があります。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活ブログ 福島情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

40年ぶりの飯豊(いいで)

Iide0707a

高校生だった遥か昔に歩いた稜線を、ぜひまたと思っていました。
7月29日から31日まで、喜多方市山都町で行われた第53回「飯豊の集い」に参加、ようやく念願をはたすことができました。
飯豊本山、御西(おにし)岳を経て大日岳まで往復する「大日岳コース」と、御西岳付近のお花畑までの「本山・お花畑コース」があり、私は「お花畑コース」でした。
(飯豊で出会った花々は別記事に)

Iide0707b
御沢(おさわ)野営場での開会式

Iide0707c
長坂をようやくのことで登って稜線に出ると、剣ヶ峰の難所が待っています。

Iide0707d
三国小屋から宿泊地の切合(きりあわせ)小屋へ。ゆくてには霧の峰々。

Iide0707e
2日目、雲海の上に朝日が。(切合小屋付近)

Iide0707f
飯豊連峰の最高峰、大日岳(中央)もすっきりと見えました。(切合小屋付近)

Iide0707g
草履塚(中央)と、御西岳(左)、飯豊山神社のピーク(右)

Iide0707h
大日岳、御西岳を望みながら、御秘所(おひしょ)付近を進みます。

Iide0707i
本山小屋と飯豊山神社

Iide0707j
飯豊山(本山)の山頂

Iide0707k
稜線のあちこちにお花畑が広がっていました。帰途は大きな雪渓を渡って。

Iide0707l 
3日目は、雨が降ったりやんだりの中を下山しました。

御沢野営場に到着すると、実行委員会の方々が出迎え、豪華なお弁当、きのこ汁などでもてなしてくださいました。
閉会式では、全員に飯豊連峰踏破の「認定証」も。
Iide0707m

公共の温泉施設「いいでのゆ」の入浴券もサービスしていただいて、温泉で山の疲れをほぐすことができました。(写真は「いいでのゆ」の露天風呂)
Iide0707n

この催しでは、スタッフの方々の至れり尽せりのサポートがありました。そのおかげで、全員無事に帰還、素晴らしい思い出を作ることができたと思います。ありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 地域生活ブログ 福島情報へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »