« 藩公行列と薪能 | トップページ | 「新生会展」開幕 »

2007年9月29日 (土)

喜多方の奥座敷

熱塩温泉は昔から「喜多方の奥座敷」といわれてきました。蔵とラーメンの町・喜多方の市街地から北へ8キロほどのところにあります。

※クリックで大きな写真が表示されます

Atsushio0709a
押切川にかかる熱塩橋を渡ると温泉街です。護法山(右手)の山裾に細長く家並みが続いています。
このあたりに3軒の旅館があります。(左奥の大きな建物は山形屋)(2007.9.28)

熱塩温泉は「子宝の湯」ともいわれます。子宝を授かった人々がお参りするという「子育地蔵尊」があり、「子育まんじゅう」を売るお店がありました。
Atsushio0709b Atsushio0709c

私が泊った叶屋旅館とその露天風呂です。(2007.9.27)
Atsushio0709d Atsushio0709f

温泉街のなだらかな坂道を奥へ進むと、共同浴場(右の写真)もあります。
Atsushio0709h Atsushio0709i

通りのつきあたりの左手に源泉があり、隣に足湯が整備されました。(左の写真の右手前)
右側は曹洞宗の示現寺です(右の写真)。熱塩温泉は、六百余年前に示現寺を開いた源翁禅師が発見したとのことで、示現寺と共に歩んできました。
Atsushio0709j Atsushio0709k

示現寺は「護法山」と号しており、背後に控える山が護法山です。
「日本のナイチンゲール」と呼ばれる瓜生岩子が熱塩温泉の出身で、境内に銅像があります。(右の写真)
Atsushio0709l Atsushio0709m

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 地域生活ブログ 福島情報へ

|

« 藩公行列と薪能 | トップページ | 「新生会展」開幕 »

旅行・地域」カテゴリの記事

温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/206851/16605020

この記事へのトラックバック一覧です: 喜多方の奥座敷:

« 藩公行列と薪能 | トップページ | 「新生会展」開幕 »