« 『農のある人生』 | トップページ | 町民体育祭 »

2007年9月 2日 (日)

恵日寺と里山

昨日は地元のNPO「磐梯やま楽校」の「恵日寺金堂と日本百名水めぐり」でした。

「磐梯やま楽校」については、7月2日のホタル観察会の記事で紹介しましたが、自然と山に親しみ、自然環境を守り育てていこうというNPO法人です。

磐梯町にある恵日寺(えにちじ)は、平安初期に奈良から来た高僧・徳一(とくいつ)によって開かれ、最盛期には子院3800に及んだという、会津仏教発祥の地です。現在、金堂を復元する工事が進んでいます(来年3月完成予定)。
また、磐梯町は名水の里です。「磐梯西山麓湧水群」は「日本百名水」に選ばれています。

Yamagakkou0709a
「磐梯やま楽校」が整備を進めている「里山」を出発し恵日寺に向かいました。扇状地に広がった田んぼの中の道からは会津盆地が見渡せます。

Yamagakkou0709b
磐梯神社。恵日寺金堂跡にあったのを史跡整備のためここに新築移転しました。春分の日に「舟引き祭り」が行われます。

Yamagakkou0709c Yamagakkou0709d
徳一廟。中に徳一の墓と伝えられる石塔があります。

Yamagakkou0709e
金堂復元工事の現場では、町会議員をしている吉田さんが、恵日寺の歴史、工事の状況などを説明してくださいました。

Yamagakkou0709f Yamagakkou0709g
磐梯山恵日寺資料館。龍ケ沢湧水から水が引かれていて、水を汲む人々が集まっていました。

Yamagakkou0709h
磐梯西山麓湧水群の中でも代表的な「龍ケ沢湧水」です。資料館から1キロほど登ったところにあります。

林道へ出て、「里山」まで1時間半ほど歩きました。
食べられるもの、薬になるもの、道具の材料になるものなど、あたりには自然の恵みがいっぱいです。
Yamagakkou0709i Yamagakkou0709j
【左】いろいろな恵みをもたらす木々を教えてもらいました。 【右】林道にもいくつもの湧水があります。

Yamagakkou0709k
カモシカの足跡もあったのです。

Yamagakkou0709l
「里山」での昼食には豚汁が出ました。

Yamagakkou0709m
「里山」のあたりは旧恵日寺の広大な寺域のうち観音寺地区と呼ばれているところです。その遺跡を訪ねて森に入ったら、子熊が2匹じゃれあっていたのです(先を進んでいた人たちが発見)。子熊のいるところに親熊ありということで、早々にひき返しました。自然には危険もあるのでしたね。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活ブログ 福島情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

|

« 『農のある人生』 | トップページ | 町民体育祭 »

会津のいいこと」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

田舎暮らし」カテゴリの記事

コメント

大塚さん、こんにちは!
面白そうなことをやってますね。
NPO「磐梯やま楽校」の活動にも興味が有ります。
やっぱり居ますか、熊、山では出会いたくないですね。特に子連れの熊には。
(遠くから見てみたいとはおもいますが)
眼下に拡がる会津平野、目に浮かびます。

投稿: KomadoのHige | 2007年9月 3日 (月) 14時16分

KomadoのHigeさんも、南会津で「里山再生事業」などをされているのですね。
私の方は新米ですが、地域が元気になり、自分たちも楽しめるようになればと思います。

投稿: 住人 | 2007年9月 4日 (火) 06時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/206851/16320917

この記事へのトラックバック一覧です: 恵日寺と里山:

« 『農のある人生』 | トップページ | 町民体育祭 »