« 背炙山散策と棚雲の湯 | トップページ | 磐梯山も初冠雪です »

2007年11月 4日 (日)

中田の観音様

Kouanji0711a
昨日は、会津美里町(旧新鶴村)にある弘安寺を訪ねました。ここの十一面観音は、“中田の観音様”として知られます。
野口英世の母シカが、英世の火傷の治癒と立身出世を祈願して月参りをしていたというところです。(猪苗代から30キロもの道のりを歩いてきたのですね)
11月1日から10日まで、十一面観音がご開帳されています。(1月1~3日、8月9・10日と年3回)

Kouanji0711b
観音様の前の幕が巻き上げてあるのですが、外からはお顔の半分ぐらいまでしか拝見することができませんでした。

Kouanji0711c
長わずらいをしないで往生できるようにと祈願する“会津ころり三観音”の1つで、観音堂の右手から入ったところに“抱きつき柱”があります。

Kouanji0711d
「菊祭大祭」ということで、菊の花のコンクールも開かれていました。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活ブログ 福島情報へ

|

« 背炙山散策と棚雲の湯 | トップページ | 磐梯山も初冠雪です »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

大塚さん、久しぶりに中田の観音様を見ることができました。とても懐かしかったです。子供の頃は前にあったお休み処でところてんをたべるのが楽しみでした。ガラスの器に木でつくった押し出すヤツで入れてくれました。
一升瓶にタレが入っていて先に杉の葉が詰まっていてこうすれば出過ぎなくてよかったのでしょう。なぜか割り箸は1本でした。
今もやっているのでしょうかね?
今度、行って見たいと思います。

投稿: 目黒 | 2007年11月 6日 (火) 18時25分

目黒さん、こんにちは。
お寺の前に何軒か食べ物屋さんがありましたが、今回は入らなかったので、ところてんがあったかどうかはわかりません。
私も子供のころに、杉っ葉の栓をした瓶からタレを注いで、1本箸でところてんを食べたことを思い出しました。

投稿: 住人 | 2007年11月 7日 (水) 08時50分

よろしくyahoohttp://www.yahoo.co.jp/

投稿: よろ | 2007年11月 9日 (金) 18時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/206851/16969482

この記事へのトラックバック一覧です: 中田の観音様:

« 背炙山散策と棚雲の湯 | トップページ | 磐梯山も初冠雪です »