« “いいもの”との出会いを求めて | トップページ | 中田の観音様 »

2007年11月 1日 (木)

背炙山散策と棚雲の湯

会津若松で最もポピュラーな山といえば背炙山(せあぶりやま)でしょうか。
西は会津盆地、東は猪苗代湖の眺めが抜群です。
頂上付近までドライブウェイ(県道)が通じていて(さらに猪苗代湖方面へ行ける)、頂上付近は公園になっています。
テレビ局などの電波塔がたくさんあって、遠くからでもそれとわかる山です。
麓の東山温泉からの登山道やいくつかの遊歩道なども整備されていて、季節おりおりの山歩きが楽しめそうですが、今回(2007.10.31)は頂上あたりをちょっとだけの散策でした。
※「福島の山々」の「背炙山」のページに、背炙山の詳しい情報があります。

Seaburi0710a
レストハウスから頂上への道

Seaburi0710b
頂上付近からの猪苗代湖の眺め

Seaburi0710c
頂上から少し東へ進んだところに、磐梯山と猪苗代湖の眺めが抜群のスポットがありました。

山歩き(?)の後は温泉です。
東山温泉の御宿東鳳に大展望露天風呂ができた(昨年10月)というので、行ってみました。
1500円という入浴料は私には厳しいですが、『ふくしま日帰り温泉 ゆったり100湯』(エス・シー・シー, 2007.9)という本に、2名以上のグループの1名のみ無料とのサービス券がついていたので利用しました。

Higashiyama0710a
男湯「棚雲の湯」は3段の棚田状になっています。上段が全身浴、中段が半身浴、下段が寝湯。

ちなみに、女湯は「宙(そら)の湯」です。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 地域生活ブログ 福島情報へ

|

« “いいもの”との出会いを求めて | トップページ | 中田の観音様 »

」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

温泉」カテゴリの記事

コメント

はいっとー:
懐かしい風景をありがとうございます。
高校時代、毎年、飯盛山から旧滝沢街道を通って猪苗代の中田浜へ、そこから背炙山をを越えて若松へ帰ってくる「競歩大会」というのがありました。背炙山からの展望、久しぶりに、見せていただきました。

投稿: KomadoのHige | 2007年11月14日 (水) 22時35分

背炙山にも懐かしい思い出がありましたですか。
会津若松から滝沢峠を越えて猪苗代湖まで行き、背炙山を越えて帰ってくるというのは、すごい大会だったですね。

投稿: 住人 | 2007年11月15日 (木) 06時48分

当時、県道は無くて、ちょうど3枚目の写真に写っている沢を上って来たはずです。(山岳部の連中がルートを整備してくれた。)

投稿: KomadoのHige | 2007年11月15日 (木) 19時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/206851/16940723

この記事へのトラックバック一覧です: 背炙山散策と棚雲の湯:

« “いいもの”との出会いを求めて | トップページ | 中田の観音様 »