« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

2008年1月31日 (木)

130年前の会津

130年前の1878年(明治11年)、イザベラ・バードというイギリス人女性が会津を訪れました。

彼女は、明治維新から10年という近代日本のあけぼのの時期に、単身(日本人通訳を雇い)で馬を使って東北・北海道を旅しました。
その旅行記は『日本奥地紀行』として刊行され、当時の景観や人々の姿を生き生きと伝えています。

バードは1878年の6月26日に山王峠を越えて会津に入り、田島、大内、高田、坂下をへて、7月1日には車峠を越えて新潟県の津川に至りました。

『日本奥地紀行』に記された、130年前の“イザベラ・バードの会津の旅”に思いを馳せるのに格好の本があります。
『イザベラ・バードの会津紀行』(会津学研究会、2006.3)です。福島県立博物館館長の赤坂憲雄氏と同学芸員の佐々木長生氏が書かれました。

前半の赤坂氏の「イザベラ・バードの会津紀行」では、『日本奥地紀行』の会津の部分を中心とした記述をたどりながら、「バードが見たもの、見なかったもの」について考察しています。
後半の佐々木氏の「イザベラ・バードが見た会津の民俗」は、バードの村々や人々についての記述を糸口に、それぞれの地の歴史や文化を解説したもの。地図や会津学研究会メンバーによるポイントガイドも付されていて、バードの足跡を尋ねる旅の参考になるでしょう。

近く、福島県立博物館(会津若松市、TEL:0242-28-6000)で「イザベラ・バードと『日本奥地紀行』」という講座も開かれます。「木曜の広場 旅人たちの見たふくしま」の第11回です。 
 講 師: 館長 赤坂憲雄 学芸員 佐々木長生
 日 時: 2月7日(木)13:30~15:00
 場 所: 講堂
参加費は無料、申込み不要です。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活ブログ 福島情報へにほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月26日 (土)

しぼりたて「雪がすみの郷」

会津若松市南部の田園地帯に、その土地の人がその土地の手法でその土地の米と水から造りあげる「土産土法」の酒造りを掲げる小さな酒蔵「高橋庄作酒造店」(ホームページ)があります。「会津娘」という銘柄は、会津のおいしい酒の中でも代表的なものの1つでしょう。
Stakahasi0604m
(2006.4.30撮影)

自分の田んぼで化学肥料や農薬を使わない酒米作りからはじめて、ひたすら“いい酒”を追求してきた5代目。さらに磨きをかけて“こだわりの酒”を送り出す6代目。
石原信一著『会津地酒紀行』(歴史春秋社,2004.7)で詳しく紹介されています。

この季節ならではの新酒「雪がすみの郷」が1月25日発売。さっそく購入してきました。
純米生酒うすにごり。しぼりたてのうすく濁ったお酒をそのまま瓶詰めしたものです。
Sake0801a

さっそく一口。
ほのかに香りたち、きりりとした味です。

購入してきたお店「會津酒楽館 渡辺宗太商店」(ホームページ)のご紹介も。
Shurakukan0801

会津若松駅から北へ少し行ったところにあります。
「安全」「美味しい」をキーワードに会津の地酒と物産をとり揃えています。
古民家風の大きな建物の1階は物産売り場、地下が大きな冷蔵庫がある地酒売り場で、店主の説明を聞きながら試飲もできるのです(クルマだったので残念ながら…)。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活ブログ 福島情報へ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年1月21日 (月)

“しぶき氷”の季節

猪苗代湖に“しぶき氷”の季節がやってきました。

東岸の天神浜。西からの強風で湖水のしぶきが樹木に吹きつけられ、そのまま凍って氷の造形が作られます。
小荒井実さん(会津の山や自然に関する著作が多数)が15年ほど前に発見し、『猪苗代湖の神秘大発見・しぶき氷の世界』(歴史春秋社、1999年刊)で紹介しました。

現在ではすっかり有名になって、新聞やテレビで連日のように報道されますし、大勢のカメラマン(?)や見物客が押し寄せます。

まだ見たことのなかった私としてもぜひ一見、ということで、行ってきました。
途中の道路にも駐車場から先の浜辺にも、案内板やテープの目印が完備していて、迷うことはありません。

Tenjinhama0801a
これが“しぶき氷”というものなのですね。

Tenjinhama0801b
バックに磐梯山を収めると実に絵になります。

完備といえば、無料休憩所まで作ってくれていました。「Shibuki cafe」という看板もありましたが、飲み物の自販機があるだけでした。
Tenjinhama0801c

しぶきまで凍る寒さの中で、まきストーブで暖をとれるというのは、ほんとうにありがたいことです。
Tenjinhama0801d

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 地域生活ブログ 福島情報へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月17日 (木)

桜と漆

Tsurugajo0704d
(鶴ヶ城の桜 2007.4.15)

“鶴ヶ城を世界第二の桜の名所に”“会津の漆器と絵蝋燭を会津産の漆の木で”といった活動を進めているNPO法人「はるなか」が、桜と漆の講演会を開催します。1月26日と27日、会津若松市の福島県立博物館(TEL:0242-28-6000)で。いずれも入場無料です。
この機会に、会津のいいものを再認識してみてはいかがでしょうか。

「会津の桜について」
 講師:渡部鉦太郎氏(会津生物同好会)
 日時:1月26日(土) 午後2時~
 会場:福島県立博物館講堂

「並木恒延 うるし33年の軌跡」
 講師:並木恒延氏(漆芸家・日展評議員) (並木氏のホームページ
 日時:1月27日(日) 午後2時~
 会場:福島県立博物館講堂

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活ブログ 福島情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月14日 (月)

坂下初市「大俵引き」

きょう1月14日は会津坂下町(あいづばんげまち)の初市で、重さ5トンの大俵を東西で引き合う「大俵引き」がありました。

昔は会津各地の初市で俵引き行事があったそうですが、現在はここ坂下と高田(会津美里町)で、400年の伝統を受け継ぐ「大俵引き」が行われています。高田は例年1月第2土曜日で、今年は12日に行われました。
かつて水運で栄えた塩川(喜多方市)では、明日15日に「舟引き祭り」が行われます。

「大俵引き」に先だって、スポーツ少年団の子供たちによる俵引きがありました。寒風に負けずに頑張りました。
Bange0801a

大俵を前に、下帯一本の引き子たちがお祓いを受けます。
Bange0801b

いよいよ「大俵引き」開始。東(紅組)西(白組)56人ずつが、力一杯引き合います。
Bange0801c

東が勝つと米価が上がり、西が勝つと豊作になるといわれています。
3本勝負の結果は、2勝1敗で東の勝ちでした。

最後は一般参加者も入って大俵を引き合いました。
Bange0801d

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活ブログ 福島情報へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月12日 (土)

「会津暮らし」ノススメ

福島県会津地方の全17市町村で構成される「あいづふるさと市町村圏協議会」が、“会津への移住をお考えの方必見”のパンフレット『あいづらいふ』を発刊しました。
Aizulife

特集「あいづライフ体験記」では、会津の地に魅せられて一足お先に移住してきた人々が、いま何を思い、どんな暮らしをしているのか、3組を紹介しています。
「あいづ17スタイル」では、会津地方17市町村の「住」「職」「医」「遊」などの情報を、コンパクトにまとめています。
「あいづフォトミュージアム」は、会津のスポーツ・自然、歴史・文化、食・温泉、四季の魅力を、写真で伝えています。

ご希望の方は、下記までお問い合わせ下さい。
あいづふるさと市町村圏協議会事務局
〒965-0037 福島県会津若松市中央3丁目10番12号
TEL/0242-24-6312 FAX/0242-24-6313
E-mali:i@aizu-furusato.com

最新の情報を発信するホームページ「あいづらいふ」も誕生しました。
福島県や各市町村などの関連情報が集まっています。
まだ準備中のページもありますが、だんだんと充実していくことでしょう。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへにほんブログ村 地域生活ブログ 福島情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月11日 (金)

「十日市」はすごい

昨日は、会津若松の「十日市」に行ってきました。会津最大の初市です。大町通りと神明通りに露店が何百も出ていました。

Tokaichi08a
縁起物の店はあちらこちらに出ていて、やはり人気があります。

Tokaichi08b
食べもの屋さんも人気ですね。行列ができていました。

Tokaichi08c
神社も出張しています。

Tokaichi08d
商店街のお店も負けじと商品を並べています。

Tokaichi08e
郷土出版社の本の特売もありました。

Tokaichi08f
商業高校の生徒たちもお店を出して頑張っていました。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活ブログ 福島情報へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月 7日 (月)

磐梯町の「七日市」

Nanokaichi08a

会津地方の初市の先陣をきって今日、磐梯町の「七日市」が開かれました。ショッピングセンターの駐車場に露店が20ほどという、こぢんまりした市です。

このあと、8日が本郷(会津美里町)、10日が会津若松の「十日市」、12日が高田(会津美里町)と喜多方の小荒井、13日が猪苗代、野沢(西会津町)、……と続きます。

縁起物の風車、起き上り小法師、だるま。定番です。
Nanokaichi08b

起き上り小法師を買い求めました。家族数+1なのですよね。
Koboushi08a

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活ブログ 福島情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月 6日 (日)

「野沢民芸」の干支張子

Hariko0801a

お正月らしくおめでたいものを、ということで、西会津町の民芸品工房「野沢民芸」の干支張子です。
上が「首振りかまくら子」と「首振り福子」、下が「起き上り子」です。
(2008.1.5 会津町方伝承館で撮影)

他にも、かわいらしいものがいろいろあります。

2008年が、良い年になりますように…。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活ブログ 福島情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 4日 (金)

磐梯山大噴火から120年

1888年(明治21年)7月15日に、磐梯山は大噴火を起こしました。
水蒸気爆発によって、北側にあった小磐梯は崩壊、U字型の大火口が生じました。爆風と大量の土砂が甚大な被害をもたらし、477人の命を奪いました。
また、土砂で川がせき止められ、裏磐梯の湖沼群が誕生したのでした。(桧原湖の底にはかつての桧原村が沈んでいます)

その磐梯山大噴火から、今年で120年になります。

Bandaikakou0606
磐梯山の火口(2006.6.2撮影)

磐梯山噴火から120年となる平成20年度に、福島県立博物館(会津若松市)、磐梯山噴火記念館(北塩原村)、野口英世記念館(猪苗代町)の3館共同で、磐梯山に関わる企画展(各館それぞれの特色を活かして)が計画されています。その予告編として、シンポジウム「会津磐梯山を考える」が、県立博物館(TEL:0242-28-6000)で開催されます。

日 時  1月19日(土)13:30~15:30
場 所  県立博物館 講堂
コーディネーター 県立博物館館長 赤坂憲雄氏
パネリスト     磐梯山噴火記念館副館長 佐藤公氏
           野口英世記念館学芸課長 小桧山六郎氏
           県立博物館学芸員    竹谷陽二郎氏
※各館担当者(パネリスト)から次の基調報告があります。
 「磐梯山をめぐる人と自然」 竹谷氏
 「写真は火山現象をとらえていた」 佐藤氏
 「磐梯山への想い-野口英世の恩師・小林栄が遺したもの」小桧山氏
(入場無料)

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活ブログ 福島情報へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月 1日 (火)

大雪の元日

大晦日から降り続いた雪は、元日の朝には60センチ位になっていました。

除雪車は元日の夜明け前から出動。ご苦労様なことです。
私も、まず玄関から道路までの除雪。そして、クルマを出せるようにガレージ前の除雪をしました。

明るくなってきたので、次はガレージの屋根の雪下ろしです。
Yuki0801a

母屋のほうの屋根は1.5mまでOKとのことで、まだ雪下ろしをしたことはないのですが、ガレージは1mとのことなので、時々、雪下ろしが必要になります。
それにしても、元日からとは…。

今年の正月は、長男、長女の夫婦と孫たちは来ていなくて、独身の二男だけが来ています。
昨日、広田駅が火事になって磐越西線が不通となったため、郡山駅からタクシーで来ました。
2人だけの正月ではやはり淋しいので、子供が来てくれるというのは嬉しいものです。
今日の日中は、一緒に喜多方の実家へ行って昼食。そして、入院中の女房の母親を見舞いました。

とりたてて何もなく。雪の中で、静かな正月を迎えています。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »