« “しぶき氷”の季節 | トップページ | 130年前の会津 »

2008年1月26日 (土)

しぼりたて「雪がすみの郷」

会津若松市南部の田園地帯に、その土地の人がその土地の手法でその土地の米と水から造りあげる「土産土法」の酒造りを掲げる小さな酒蔵「高橋庄作酒造店」(ホームページ)があります。「会津娘」という銘柄は、会津のおいしい酒の中でも代表的なものの1つでしょう。
Stakahasi0604m
(2006.4.30撮影)

自分の田んぼで化学肥料や農薬を使わない酒米作りからはじめて、ひたすら“いい酒”を追求してきた5代目。さらに磨きをかけて“こだわりの酒”を送り出す6代目。
石原信一著『会津地酒紀行』(歴史春秋社,2004.7)で詳しく紹介されています。

この季節ならではの新酒「雪がすみの郷」が1月25日発売。さっそく購入してきました。
純米生酒うすにごり。しぼりたてのうすく濁ったお酒をそのまま瓶詰めしたものです。
Sake0801a

さっそく一口。
ほのかに香りたち、きりりとした味です。

購入してきたお店「會津酒楽館 渡辺宗太商店」(ホームページ)のご紹介も。
Shurakukan0801

会津若松駅から北へ少し行ったところにあります。
「安全」「美味しい」をキーワードに会津の地酒と物産をとり揃えています。
古民家風の大きな建物の1階は物産売り場、地下が大きな冷蔵庫がある地酒売り場で、店主の説明を聞きながら試飲もできるのです(クルマだったので残念ながら…)。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活ブログ 福島情報へ

|

« “しぶき氷”の季節 | トップページ | 130年前の会津 »

会津のいいもの」カテゴリの記事

コメント

今晩は!昨日は私のギャラリーへお越し下さいましてありがとうございました。
「雪がすみの郷」おいしそうですね!
早速買いにいきましょう!寒い時はやはり日本酒デスネ~。昨夜は主人の誕生日で、鍋を囲んで二人で一本あけてしまいました。

投稿: makojunn | 2008年1月26日 (土) 22時40分

ご主人のお誕生日だったとのこと、おめでとうございます。
二人で1本とはすごいですね。
うちのは飲めない口で、猪口1杯だけでしたが、おいしいとは言っていました。

投稿: 住人 | 2008年1月27日 (日) 08時25分

会津には素敵な地酒がたくさんありますね!
いい情報ありがとうございます。
今度会津を訪ねたときに探してみます・・・。

投稿: 組長 | 2008年1月30日 (水) 12時31分

おいでいただき、ありがとうございます。
酒がうまいのも「会津暮らし」の大きな楽しみです。
これからも少しずつ会津の酒を紹介していきたいと思います。

投稿: 住人 | 2008年1月31日 (木) 06時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: しぼりたて「雪がすみの郷」:

« “しぶき氷”の季節 | トップページ | 130年前の会津 »