« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

2008年2月27日 (水)

巣立ちのとき

Sotugyouten08a

会津漆器技術後継者訓練校第4期生の卒業制作展が、きょうから3月2日(日)まで、会津若松市の会津町方伝承館(Tel.0242-22-8686)で開かれています。

5人の研修生が、2年間の学びのときをおえて巣立っていきます。
会津漆器の新しい力に成長していくことを期待しましょう。

作品のいくつかです。2年間だけの研修とは思えない出来栄えです。
Sotugyouten08b
Sotugyouten08c

テレビ局も取材に来ていました。
Sotugyouten08d

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活ブログ 福島情報へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月26日 (火)

「会津のいいもの」テスト版

Aidunoiimono00

「会津のいいもの」のサイトを作成中です。
リンクが中心のページですが、“会津のいいもの”に出会う、きっかけとなるようなサイトにしたいと思っています。
ホームページ作成については初歩的な段階で、勉強しながらということなのです。

とりあえずテスト版をUPしました。URLは《http://homepage2.nifty.com/aidune/iimono/》です。
徐々に分野をふやし、情報も充実させていきたいと思います。
ご意見、情報などお寄せいただければ幸いです。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活ブログ 福島情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月23日 (土)

喜多方冬まつり

「蔵のまち喜多方冬まつり」が2月16日から24日まで開かれています。そばフェスタ、ラーメンフェスタ、物産展、郷土芸能フェスティバル、雪小法師コンテストなどなど、とにかく盛りだくさんです。
きょう、実家に行ったついでに寄って楽しんできました。

メイン会場は喜多方プラザ文化センターです。
Kitakatafuyuf0802a

小ホールとロビーでは、農産物や加工食品の直売、特産品、伝統工芸品、手づくり品などの展示・販売がありました。中には、このときしか手に入らないというものもあります。
Kitakatafuyuf0802b
Kitakatafuyuf0802c

プラザの横では雪小法師のコンテスト。きょう、上位6組による決勝戦の作品が作られ、明日10時に審査及び結果発表となっています。
Kitakatafuyuf0802d
Kitakatafuyuf0802e

喜多方といえばやっぱりラーメン。きょうと明日、特設会場で「全国ラーメンフェスタ」です。喜多方老麺会のほか、札幌、函館、上川、和歌山、博多から出店があります。いずれも一杯500円。盛況でした。
Kitakatafuyuf0802f

喜多方老麺会は、喜多方産小麦「ゆきちから」のめん、会津地鶏ガラスープの、「冬まつり限定喜多方ラーメン」を出品しています。
Kitakatafuyuf0802g

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活ブログ 福島情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月21日 (木)

会津で一番古い酒蔵

「会州一酒造」(山口合名会社)は、会津でもっとも古い酒蔵です。
寛永20年(1643年)、保科正之が会津に転封になった際に、正之に従って会津に入った山口家の初代がはじめたのだそうです。

この歴史ある酒蔵も、近年は消滅の危機にありました。
2つの通りの間に広がっていた山口合名会社の敷地の多くは、現在はコープあいづ(生協)のあいおい店になっています。
それでも、コープあいづの協力で、会津若松市の歴史的景観指定建造物である土蔵は、ギャラリー、会議室、売店、喫茶などがあるコミュニティ施設「会州一蔵」として生まれ変わり、残りました。
裏手には新しい酒造場も作られて、酒造りも続けられることになったのです。

Skaisyuichi0802
(2008.2.16撮影)

私が会津に帰ってきて間もないころ、会津のうまい酒を探して会州一酒造を訪ねたことを思い出します。
海外への土産にしたこともありました。

2月7日、新しい酒造場でつくられた新酒を、酒楽館(1月26日の記事で紹介)で買い求めました。
「あらばしり」純米大吟醸。限定22本だそうです。
Sake0802a

会州一の酒は「会州一蔵」の売店で買うことができます。
コープあいづも、歴史ある会州一の酒を守りそだてていこうと頒布会をやっています。

「会州一」の名にふさわしい酒を、造り続けていってほしいと願っています。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活ブログ 福島情報へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月17日 (日)

会津を元気に

「会津エンジン03」という催しがありました。
会津の文化を向上させる目的で会津若松商工会議所青年部が中心となって開かれ、今年が3回目です。
16日(土)はパネルディスカッションや“日本や世界で活躍する一流著名人と会津の郷土料理やお酒を味わいながらお話できる”という「夜楽(やがく)」があって、17日(日)がスーパー講座・市民講座でした。

スーパー講座・市民講座は、1時限目から3時限目まで会津大学で7講座ずつのほかサテライト会場もあって、会津外から招いた著名人と地元で活躍されている方々による多彩な内容でした。(スーパー講座は500円・市民講座は無料)
私は、海藤春樹氏・秋尾沙戸子氏の「会津に光を当てる」、NAZCAの「会津で歌う 会津を唄う」、遠藤由美子氏の「会津学」を聴講しました。

遠藤由美子氏は、三島町で奥会津書房(ホームページ)という地域に根ざした出版社を主宰しておられます。(写真は遠藤氏の講座)
Enjin03c

「会津学といっても学問ではありません。会津に学ぶという意味なのです。」と切り出されました。
ふつうの生活者が“自分の足もとを掘り起こす”。聞き書きという作業を中心にしてまとめられた『会津学』は、年1冊のペースで昨年で3巻を数えました。
10巻をめざしています。この作業は「100年後の子どもたちのために」やっているのだと言います。
食糧問題や環境問題が深刻化している昨今です。後の世代が危機におちいったときに「何かの手がかりになってくれれば」というのが遠藤氏の思いなのです。

2時限目のNAZCA(ナスカ)の講座もよかったです。
NAZCA(公式ブログ)は2005年の会津の大型観光キャンペーンに向けて、本田華奈子さん(民謡歌手)と千代竜太さんの異色の組み合わせで2004年7月に誕生しました。以来、会津とともに成長してきたといっていいでしょう。

Enjin03a
プロデューサー飯盛正徳先生の司会でトークショー、会津へのこだわりなどについて話をしてくれました。

最後には、1月10日に発売されたシングル第2弾「オキアガリコボシ/銀のしずく」の2曲をライブで。
「オキアガリコボシ」では振付け指導もあって、会場も一緒に盛り上がりました。
Enjin03b

“会津を元気に”という思いがあふれている今日の催しでした。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活ブログ 福島情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月12日 (火)

東山の原瀧 そして…

久しぶりに温泉の記事です。
温泉に行っていなかったわけではなく、地元の「おおるりの湯」には町民優待を利用して時々行っているのですが。

今回は東山温泉の「原瀧」です。(2008.2.9訪問)

Harataki0802a
湯川渓谷に沿った気持ちのいい露天風呂。自家源泉のかけ流しです。

Harataki0802b
見えている滝は、もちろん“原滝”です。

Harataki0802c
大浴場は「千人風呂」といいます。(50人でも窮屈だとは思いますが)
昔、子供会の行事で「千人風呂」に来た記憶があります。とにかく大きなお風呂だったような…。

東山温泉は会津を代表する温泉。風情があっていい温泉地だと思いますが、気軽に立ち寄り湯とはいきません。
今回の「原瀧」さんは、『ふくしま日帰り温泉 ゆったり100湯』(エス・シー・シー, 2007.9)のサービス券で、1000円のところ500円で入らせていただきました(十分1000円の価値はある施設と応対でした)。

そして…
今回ご紹介したいのが、yuuyu-zunさんの「遊 湯 ゆったり」なのです。
会津、温泉、蕎麦、お酒、…とくるからたまりません。
最近このブログを知ったのですが、大いに参考にさせていただきたいと思います。
原瀧の記事もあります。詳しくは、そちらがよろしいようで。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 地域生活ブログ 福島情報へ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年2月 9日 (土)

絵ろうそくまつり その2

今夜は会津武家屋敷と御薬園です。

Erousoku0802j
会津武家屋敷への入口にはかがり火も

Erousoku0802k
西郷頼母邸前

Erousoku0802l
邸内

次は御薬園です。

Erousoku0802m
Erousoku0802n

売店前には小法師(大法師?)が
Erousoku0802o

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 地域生活ブログ 福島情報へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月 8日 (金)

絵ろうそくまつり

8日(金)・9日(土)は、「会津絵ろうそくまつり~ゆきほたる~」です。
メイン会場の1つ、鶴ヶ城に行ってきました。

Erousoku0802b
Erousoku0802c
Erousoku0802d
Erousoku0802e
Erousoku0802f1
Erousoku0802g

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 地域生活ブログ 福島情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 7日 (木)

会津を感じる

会津を感じ、そして会津を楽しみ味わう散策へと誘ってくれる、雑誌のようなホームページがあります。
『会津全集』。“会津を楽しむ大人の Web Magazine”とうたわれています。

Photo
01

2001年秋の第1巻「会津若松市 七日町通り -其の壱-」にはじまり、「七日町通り -其の弐-」、「会津若松市内散策 -其の壱-」、「会津大内宿散策 -其の壱-」、「伝統と浪漫の北方の町 喜多方 -其の壱-」、……と続きます。

記事はこんな感じです。
Photo_2

第19巻(2007年)の「ソースかつ丼」までで、新しい巻が出ていないのがちょっと残念です。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 地域生活ブログ 福島情報へ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年2月 4日 (月)

立木観音の節分会

きょうは立春、きのうは節分でした。
会津坂下町塔寺にある立木観音の節分会(せつぶんえ)に行ってきました。節分行事は宮中の年中行事が起源だそうで、お寺だと節分会、神社だと節分祭となるようです。

本尊の一木彫「立木千手観世音菩薩」にちなんで「立木観音」と呼ばれていますが、寺の正式名称は「金塔山(きんとうさん)恵隆寺(えりゅうじ)」。昔々、高寺山頂に開かれたと伝わる由緒あるお寺です。

Eryuji0802a_3 Eryuji0802b_3
【左】境内(正面が観音堂)          【右】再建された小金塔(こきんとう)

「立木観音」は、長患いせずに極楽往生できますようにとの信仰を集める「会津ころり三観音」の1つです。

女性(嫁)が櫛(苦と死)を納める風習もあるのです。
Eryuji0802c

節分会は午後1時からとなっていましたが、まず堂内で護摩供養が行われ、豆まき式が始まったのは1時40分過ぎでした。

Eryuji0802d
福を求めて豆に殺到します。

Eryuji0802e
子どもたちも晴れ舞台での豆まきに登場。

豆まき式後の寸時、観音様を拝観することができました。
一木彫で高さ8.5メートルという千手観世音菩薩、立派でした。
「撮影禁止」で写真は撮れなかったので、検索でみつけた画像にリンクさせていただきます。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 地域生活ブログ 福島情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 2日 (土)

会津を伝える

会津若松市の大町通りに「会津町方伝承館」という施設があります。
会津若松観光物産協会(ホームページ)が設置した、「会津地方に長年培われてきた伝統産業や伝統工芸とふれあうとともに、伝統産業などの振興をはかり、理解を深めていただくことを目的とした」(協会HP)施設です。
というと難しそうですが、「まちの駅」にもなっていて、街歩きの途中で気軽に寄れる場所なのです。
Machiden0802a
まちなか周遊バス「ハイカラさん」も停まります。

1階は常設展示コーナーです。
Machiden0802b
会津漆器と酒の歴史や工程がわかる展示のほか、会津もめん、焼きもの、絵ろうそく、赤ベコをはじめとする民芸品などなど、“会津のいいもの”がいっぱいです。多くは販売もしています。

入口の近くに休憩コーナー、情報コーナーがあって、訪れると早速いれてくださるお茶をいただきながら、会津の旅のプランを練ることができます。
Machiden0802c

奥のほうに「まちでん蔵しっくギャラリー」というちょっとしたスペースがあって、折々の展示がなされています。
現在は、「おひなさまとフェルト人形展」です(3月9日まで)。張子、漆器、焼きものと、いろんなおひなさまがあります。
Machiden0802d

2階の企画展示室は低料金で貸し出しされていて、伝統工芸品の展示会や手づくり作品展などがよく開かれます。

実は私も、こちらでの展示会を見にきたり、情報コーナーで資料をいただいたり、いつもお世話になっているのです。

所在地 :会津若松市大町二丁目8-8(電話:0242-22-8686 )
開館時間 :午前9時~午後6時
休館日 :毎週月曜日(祝祭日の場合はその次の日)

「まちでん」は、会津の情報を発信しつづけています。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 地域生活ブログ 福島情報へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »