« 只見川にも春の気配 | トップページ | 50年ぶり?の中善寺 »

2008年3月13日 (木)

舟引き祭りと巫女舞

春分の日(今年は3月20日)、磐梯町本寺の磐梯神社で舟引き祭りと巫女舞が行われます。

磐梯神社は、磐梯信仰をもとに徳一によって創建された慧日寺の境内にあった磐梯明神が、明治初年の神仏分離で神社として独立したものです。慧日寺の金堂跡に社殿がありましたが、史跡整備のため、平成12年(2000年)に数百メートル北東の地へ新築移転しました。

舟引き祭りは、古くから慧日寺で行われてきた「国祭」行事を受け継ぐもので、飯舟(いいふね)と呼ばれる木舟に米俵を3俵重ねたものを東西に分かれて引き合い、その年の米価を占います。俵などを引き合って豊凶を占う行事は各地に伝わっていますが、ここでは磐梯明神(神職が面をつけて扮する)が現れて自ら判定するところに特色があります。

巫女舞も古くから慧日寺で行われてきた児の舞(舟引きとは別の日だった)を受け継ぐものです。明治20年代に途絶えていたものを昭和48年(1973年)に復元しました。舟引きに先だって、社殿で地元の少女たちによって舞われます。

磐梯神社の舟引き祭りと巫女舞は、福島県指定重要無形民俗文化財となっています。

当日のスケジュールは次のとおりです。
 12:15 ~ 巫女舞
 13:30 ~ 磐梯明神太鼓演奏
 14:00 ~ 舟引き祭り

町そば打ち愛好会によるそば(限定200食)の振る舞いもあるそうです。

詳しくは磐梯町HP内のページをごらんください。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活ブログ 福島情報へ

|

« 只見川にも春の気配 | トップページ | 50年ぶり?の中善寺 »

会津のいいこと」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

3月20日は彼岸獅子の日でもありましたね?
巫女舞といい、会津には春を告げる風物詩がありいつまでも(私がふたたび住む日が訪れるまで!)続いて欲しいと思います。

投稿: F | 2008年3月16日 (日) 09時11分

3年前に舟引き祭りは見ましたが、その前の巫女舞は見れませんでした。今年はぜひ見てみたいと思っています。
きょうは彼岸の入り、赤枝の彼岸獅子が会津若松市内で演じられます。明日は磐梯町中心部(?)で。20日には赤枝地区のすべての家をまわります。
こういった行事がずっと続いてほしいものですね。

投稿: 住人 | 2008年3月17日 (月) 06時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/206851/40486355

この記事へのトラックバック一覧です: 舟引き祭りと巫女舞:

« 只見川にも春の気配 | トップページ | 50年ぶり?の中善寺 »