« 「ゆき湯」ラリーに参加します | トップページ | 露天の上は満開 »

2008年4月13日 (日)

きのこ栽培を体験

きょうは「磐梯やま楽校」の「きのこ栽培 植菌体験」でした。
「磐梯やま楽校」は、自然と山に親しみ、自然環境を守り育てていこうと、磐梯町周辺で活動しているNPO法人です。
場所は「磐梯やま楽校」が整備を進めている「里山」でした。

Kinoko0804a
「体験の森」という看板がありました。近くには「どんぐりとつつじの森」や「カタクリの森」もあります。

Kinoko0804b
理事長の吉田さんから作業手順の説明です。

Kinoko0804c Kinoko0804d
ほだ木にドリルで穴をあけ、菌が浸み込んだコマを打ち込んでいきます。

Kinoko0804e
皆さん、調子が上がってきたようです。

Kinoko0804f
完成したほだ木は、立てかけるように組み上げます。(シイタケの場合)
Kinoko0804g
ナメコの場合は地面にじかに並べます。

それぞれ約100本ずつを作成しました。
キノコが出てくるのは、ふた夏越してから、シイタケは春に、ナメコは秋にということだそうです。

Kinoko0804h Kinoko0804i
【左】作業のあとは例によって豚汁。【右】周囲にふんだんにあるフキノトウを刻んで薬味にします。
Kinoko0804j
ひと汗かいて、清々しい空気のもとで、食が進みます。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

|

« 「ゆき湯」ラリーに参加します | トップページ | 露天の上は満開 »

会津のいいこと」カテゴリの記事

田舎暮らし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/206851/40869092

この記事へのトラックバック一覧です: きのこ栽培を体験:

« 「ゆき湯」ラリーに参加します | トップページ | 露天の上は満開 »