« 「ゆき湯」ラリー 金山町篇 | トップページ | 猪苗代の桜 »

2008年4月29日 (火)

勝常寺の念佛踊り

湯川村の勝常寺は、磐梯町の慧日寺と同じく徳一によって平安時代初期に開かれました。
本尊の薬師如来(国宝)は、会津五薬師の中央薬師として信仰を集めてきました。
毎年4月28日に「勝常念佛供養祭」が行われ、「勝常念佛踊り」が奉納されます。

Shoujouji0804a
入口の特設テントでは湯川村の特産品が販売されていました。

Shoujouji0804b
念佛踊りに先だって供養儀式。

Shoujouji0804c
念佛踊りは、太鼓や鉦(かね)の拍子に合わせて踊ります。いくつかのグループが踊りを奉納しました。

Shoujouji0804d
近くの小学校と幼稚園の子どもたちが見学にきていて、ひょっとこのおどけたしぐさに大喜び。

Shoujouji0804e
最後には子どもたちが太鼓を披露、大張り切りでした。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活ブログ 福島情報へ

|

« 「ゆき湯」ラリー 金山町篇 | トップページ | 猪苗代の桜 »

会津のいいこと」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/206851/41033447

この記事へのトラックバック一覧です: 勝常寺の念佛踊り:

« 「ゆき湯」ラリー 金山町篇 | トップページ | 猪苗代の桜 »