« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008年5月19日 (月)

田植えを経験しています

今年度、磐梯町のシルバー人材センターに登録しました。
磐梯町ならではの、いろいろな経験もさせていただけそうです。

4月には、1日だけですがおコメの種播き作業というのをやりました。種播きといっても、機械化され流れ作業になっていて、私は、苗箱をセットするベテランのおばあちゃんに、苗箱を運んだり手渡す役割でした。農家の仕事というのは今まで経験がありませんでしたが、実際にやってみることで、そのありがたさがわかろうというものです。今回は、今日から5日間、田植えのお手伝いをすることになっています。

Taue0805a
田植えは、ご主人が田植え機を使ってやります。私は、苗箱にクスリをふったり、苗箱に敷かれた紙を抜きとって機械にセットするためのトレーを差し込んだりする仕事です。

「田植え体験」というと、腰をかがめて手植えしている姿をよく見かけますが、実際の農家の仕事とは違うことをやってもあまり意味があるとは思えません。
もちろん、機械なんかは使えない棚田を守っていくとか、特別の栽培方法でこだわりのお米を作っていくというのはいいことです。しかし、今の世の中で、機械の借金に追われながらも機械は入れざるをえない、クスリもある程度は使わざるをえないという多くの農家の現状も、否定できないのではないでしょうか。

消費者としては、安全でおいしい農作物を安く手に入れたいと思います。農家にとっては、労苦が報われるものでなくてはならないでしょう。素人ながら、日本の農政には問題が多いと感じます。どうすればいいのか、難しいですが、私も農家のお手伝いをしながら考えていきたいと思っています。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月17日 (土)

「道の駅ばんだい」の駅長になりませんか?

磐梯山の麓、会津盆地への東の玄関口に位置する磐梯町で、道の駅(仮称「道の駅ばんだい」)が来年秋のオープンをめざして工事が進められています。
この駅長((仮称)株式会社「会津嶺の里」の取締役を兼ねる)を、全国募集しているのです。

応募条件は次のようになっています。
1.年齢:40歳位から58歳位まで(年齢相談可)
2.性別:不問
3.学歴:高等学校卒業以上
4.経営販売に関する経験と基礎知識があること
5.道の駅管理運営計画概要を読み応募すること
6.「道の駅」運営に思いと情熱があること
7.気力・体力があること
8.採用後は、磐梯町若しくは通勤45分以内に在住出来る方

平成20年10月1日採用予定で、年俸500万円(ただし今年度は250万円)です。

募集期間は平成20年6月30日(月)まで(消印有効)。応募書類は履歴書(写真添付)、職務経歴書、論文(題:あなたの経験や考え方を「道の駅」経営にどのように活かして、地域活性化を図って行きますか。<1,600字以内>)です。

詳しくは磐梯町HP内の「仮称「道の駅ばんだい」・駅長募集ご案内」をご覧ください。職務経歴書用紙や「道の駅管理運営計画概要」もこのページからダウンロードできます。

私もこんな仕事がしてみたいとは思うのですが、能力が不足しています。どなたか能力と意欲をもった方になっていただいて、私も応援団の1人に加えていただければと願う次第です。

Michinoeki0805a
「道の駅ばんだい」(仮称)の工事現場(2008.5.16)

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活ブログ 福島情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月16日 (金)

渓谷の“極上の湯”

木賊(とくさ)温泉も奥会津を代表する魅力あふれる温泉です。こちらは檜枝岐からの帰り、5月13日にお寄りしました。
舘岩川沿いを走る国道352号から、支流の西根川に沿って6キロほど入ります。新緑の渓谷には、釣り人も多く訪れています。

Tokusa0805a
集落の入口にある共同浴場「広瀬の湯」。男女別の広い浴室があり、入浴料は300円。

Tokusa0805b
浴槽も広々としていますが、循環式というのがちょっと残念。

Tokusa0805c
秘湯ファンの人気を集める西根川沿いの共同浴場(岩風呂)。婦人用の脱衣所はありますが混浴になります。入浴料は200円以上。

Tokusa0805d
岩を掘った湯槽が2つ。ほのかに硫黄の香りがする透明の湯は、じわっと効いてくる“極上の湯”。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 地域生活ブログ 福島情報へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月15日 (木)

湯の里「湯ノ花」

5月12日、檜枝岐へ向かう途中、湯ノ花温泉に寄りました。
湯岐川沿いに開けた素朴な集落に旅館5軒、民宿8軒、ペンション3軒という湯の里。うれしいことに共同浴場が4つもあって、湯めぐりを楽しむことができます。(今年の4月から、200円で入浴券を購入すると4つ全部の共同浴場に入れるようになったのですから驚きです)

Yunohana0805a Yunohana0805b
まずは「弘法湯」から。男女別の浴室があります。

Yunohana0805c
次に向かったのは「石湯」。このあたりは“湯の里”の雰囲気たっぷりです。

Yunohana0805d Yunohana0805d2
壁を貫いている大きな岩、「石湯」の名の由来なのでしょう。

Yunohana0805e
「湯端の湯」へ向かう川沿いの道もなかなか風情があります。

Yunohana0805f Yunohana0805g
後方に温泉神社がある「湯端の湯」。男女別の浴室です。

Yunohana0805h Yunohana0805i
しめくくりは「天神湯」。浴室は1つだけですが、窓の下には湯岐川が流れ、広々と気持ちのいいお風呂です。

ここ湯ノ花も「ゆき湯スタンプラリー」の対象ですが、スタンプが見あたりませんでした。スタンプにはこだわらないことにしましょう。奥会津の素晴らしい温泉を味わえたらそれでいいのですから。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 地域生活ブログ 福島情報へ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年5月14日 (水)

檜枝岐歌舞伎

平家落人伝説の村に、260年以上にわたって伝承されている「檜枝岐歌舞伎」。鎮守の境内にある舞台(国指定有形文化財)で、春と秋の祭りに奉納されます。
演じるのは村の住民で構成される「千葉之家花駒座」。仕事の傍ら練習を重ねた素人離れした演技、親から子、子から孫へと伝えられています。

5月12日は愛宕神祭礼奉納歌舞伎でした。
11ある演目のうち、この日は「絵本太功記 本能寺の段」と「義経千本桜 鳥居前の場」が上演されました。

Hinoemata0805a
鎮守への参道。期待に胸をはずませて。

Hinoemata0805b
午後5時30分からの公演を前に(4時30分開場)人々が集まってきます。

Hinoemata0805c
演目に先だっての「寿式三番叟」。舞台を清める儀式のようなものだそうです。

Hinoemata0805d
「絵本太功記 本能寺の段」。現在、東京や上方の歌舞伎では演じられることがなく、檜枝岐歌舞伎独特の演目とか。

Hinoemata0805e
もはやこれまでかと、蘭丸<左>と春長(信長)。

Hinoemata0805f
もう1つの出し物「義経千本桜 鳥居前の場」。都落ちする義経の後を追ってきた静を襲う追手の勢を、佐藤忠信(実は狐)が見事な働きで追い散らすという物語。

Hinoemata0805g
子役の名演技が笑いを誘い、舞台を盛り上げました。

それぞれの出し物の前にていねいな解説があり、歌舞伎の知識に乏しい私でも十分に楽しむことができました。
熱のこもった迫力ある舞台に、大満足の一夜でした。

8月18日には、鎮守神祭礼奉納歌舞伎があります。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 地域生活ブログ 福島情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 7日 (水)

猪苗代の桜 その2

天鏡台の八重桜が咲いたとの情報で、訪ねてみました。
※クリックで大きな写真が表示されます
Tenkyodai0805a
Tenkyodai0805b
Tenkyodai0805c

次は、会津五桜の1つである磐椅(いわはし)神社の大鹿桜です。先日はまだつぼみだったので、ぜひ花盛りにと。
※クリックで大きな写真が表示されます
Oshikazakura0805a
Oshikazakura0805b
Oshikazakura0805c

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 地域生活ブログ 福島情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »