« 檜枝岐歌舞伎 | トップページ | 渓谷の“極上の湯” »

2008年5月15日 (木)

湯の里「湯ノ花」

5月12日、檜枝岐へ向かう途中、湯ノ花温泉に寄りました。
湯岐川沿いに開けた素朴な集落に旅館5軒、民宿8軒、ペンション3軒という湯の里。うれしいことに共同浴場が4つもあって、湯めぐりを楽しむことができます。(今年の4月から、200円で入浴券を購入すると4つ全部の共同浴場に入れるようになったのですから驚きです)

Yunohana0805a Yunohana0805b
まずは「弘法湯」から。男女別の浴室があります。

Yunohana0805c
次に向かったのは「石湯」。このあたりは“湯の里”の雰囲気たっぷりです。

Yunohana0805d Yunohana0805d2
壁を貫いている大きな岩、「石湯」の名の由来なのでしょう。

Yunohana0805e
「湯端の湯」へ向かう川沿いの道もなかなか風情があります。

Yunohana0805f Yunohana0805g
後方に温泉神社がある「湯端の湯」。男女別の浴室です。

Yunohana0805h Yunohana0805i
しめくくりは「天神湯」。浴室は1つだけですが、窓の下には湯岐川が流れ、広々と気持ちのいいお風呂です。

ここ湯ノ花も「ゆき湯スタンプラリー」の対象ですが、スタンプが見あたりませんでした。スタンプにはこだわらないことにしましょう。奥会津の素晴らしい温泉を味わえたらそれでいいのですから。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 地域生活ブログ 福島情報へ

|

« 檜枝岐歌舞伎 | トップページ | 渓谷の“極上の湯” »

旅行・地域」カテゴリの記事

温泉」カテゴリの記事

コメント

私も7年前に湯ノ花温泉めぐりをしました。石湯の熱いこと!川から水を汲んで加水して入浴する人もいるそうです。田島方面から行く途中には蕎麦屋や豆腐屋、定食屋がありそれぞれに“いい味”発揮していました。懐かしい写真ありがとうございました

投稿: F | 2008年5月15日 (木) 22時45分

石湯は熱かったです。数秒で飛び出して横の小さな浴槽(?)に入りました。
湯ノ花温泉はいいところです。次は田代山に登ってその帰りにでも。

投稿: 住人 | 2008年5月16日 (金) 06時03分

ここのスタンプは、近くにある「老人福祉センター」に、置いてあります。
私もスタンプを探して、「いせや」さんに聞いて、やっと分かりました。
地元の方はとても親切で、心が和みます。
とてもいい所ですね。

投稿: ねねやん | 2008年5月16日 (金) 23時28分

ねねやんさん、ありがとうございました。聞いてみればよかったのですね。
「いせや」さんには私も親切にしていただきました。入浴券を売っているところを探していたら、弘法湯に入浴中だったご主人が、後で持ってくるから入っていなさいと。

投稿: 住人 | 2008年5月17日 (土) 05時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/206851/41213878

この記事へのトラックバック一覧です: 湯の里「湯ノ花」:

« 檜枝岐歌舞伎 | トップページ | 渓谷の“極上の湯” »