« なじょな願いも… | トップページ | モリアオガエルが棲むペンション村 »

2008年6月 3日 (火)

安座のオトメユリ

大山まつりで西会津町に行ったら、ぜひ訪れたいと思っていたのが安座です。オトメユリの群生地があります。
昨年、makojunnさんのブログでその存在を知りました。(makojunnさんの当時のブログの2007年6月8日の記事6月12日の記事。makojunnさんの現在のブログはこちら。)

オトメユリ(乙女ゆり)は、宮城県南部から山形県、福島県、新潟県の一部にしかない、地域限定の花です。ところによっては“ヒメサユリ”と呼ばれます。

安座のオトメユリ群生地は、丸太で作られた急な階段を登っていきます。
Anza0806a

登りきったところが険しい岩山に囲まれたくぼ地になっていて、オトメユリが咲き乱れます。私が訪れた6月1日の時点ではまだ少し早く、つぼみが多かったです。
Anza0806b

Anza0806c
“三人娘”ですね。

Anza0806d Anza0806e
下りてきたら、群生地の手入れに来られていた地元の方に会いました。昔はそこら中に咲いていたのが、木を切らなくなり、カヤを刈らなくなって、減ってしまったのだそうです。ここは集落のカヤ刈り場だったため残ったけれど、手入れしないと消えてしまうとのこと。
ときどきカモシカも姿を見せるのですが、オトメユリが好物のようで。(群生地を囲んでいる網はそのため)
球根を掘って食べるサルや、野ネズミの被害もあります。根こそぎ採っていく人間もいて。
「群生地」の看板の横に募金箱がありました(写真右)。

集落の先から15分ほど山道を登ったところに「弘法岩屋」というのがあります。登り口の説明板によれば、「安座」の地名の由来となった物語があるようです。

Anza0806f
岩が屋根のように覆っています。

Anza0806g
「弘法岩屋」への山道にも、オトメユリが咲いていました。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 地域生活ブログ 福島情報へ

|

« なじょな願いも… | トップページ | モリアオガエルが棲むペンション村 »

会津のいいもの」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/206851/41411622

この記事へのトラックバック一覧です: 安座のオトメユリ:

« なじょな願いも… | トップページ | モリアオガエルが棲むペンション村 »