« 「花しょうぶ祭り」と「あやめ祭り」 | トップページ | 大内宿の半夏まつり »

2008年7月 1日 (火)

会津漆器職人の心意気

第15回の「会津漆器職人の会新作展」が、7月1日(火)から6日(日)まで、会津若松市の会津町方伝承館(Tel.0242-22-8686)で開かれています。

Syokuninnokai0807a

漆器は、木地師、塗り師、蒔絵師の分業で作られますが(複数をこなす方もいる)、各分野で活躍されている方々です。あえて“作家”ではなく“職人”を名のるところに心意気が感じられます。

次の10名の方(敬称略)の新作が展示されています。
いずれの方も「あいづ総合芸術館」(ネット上の芸術館)に作品がありますので、私の下手な写真よりもそちらで作品を見てみてください(新作ではありませんが)。

・荒井勝祐 <木地師> (「あいづ総合芸術館」内)
・石原 晋 <木地師> (「あいづ総合芸術館」内)
・大塚 隆 <木地師> (「あいづ総合芸術館」内)
・大森茂光 <塗り師> (「あいづ総合芸術館」内)
・小椋昭次朗 <木地師> (「あいづ総合芸術館」内)
・川宮和頼 <塗り師> (「あいづ総合芸術館」内)
・佐藤達夫 <塗り師・蒔絵師> (「あいづ総合芸術館」内)
・照井克彦 <蒔絵師> (「あいづ総合芸術館」内)
・照井邦彦 <蒔絵師> (「あいづ総合芸術館」内)
・長谷川利之 <木地師> (「あいづ総合芸術館」内)

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活ブログ 福島情報へ

|

« 「花しょうぶ祭り」と「あやめ祭り」 | トップページ | 大内宿の半夏まつり »

会津のいいもの」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/206851/41705418

この記事へのトラックバック一覧です: 会津漆器職人の心意気:

« 「花しょうぶ祭り」と「あやめ祭り」 | トップページ | 大内宿の半夏まつり »