« 下郷町の藤の花 | トップページ | 緑深まる五色沼 »

2009年5月20日 (水)

下郷、郷の湯

昨日は下郷町へ藤の花を見にいき、セットで温泉ということで、弥五島温泉「郷の湯(さとのゆ)」に入ってきました。
国道121号沿いにあり、横目に見ながら通り過ぎるのは度々でしたが、お寄りしたのは初めてです。
Satonoyu0905a

NHKの「ふだん着の温泉」で2005年5月に放送されましたが、地元で建設会社を営む方が、「資材置き場の敷地に社屋を移転しようと、融雪用の地下水を掘ったところ思いがけず湯脈を当ててしまった。」(ふだん着の温泉HPの記事)のだそうです。最初は工事用の小屋を利用したお風呂を作り近所の人達に入ってもらっていたのを、利用者が増えたので温泉施設に建てかえました(1998年)。「郷の湯」という名前は、「町の皆が故郷のように親しめる」温泉になって欲しいと下郷町の名前から取ったとのこと。

2007年9月には、さらに大きく立派な施設が建設されました。(旧施設は現在はそば屋になっている)

Satonoyu0905b
玄関を入ると、広い休憩スペース(待合所)もあります。

浴室はもちろん男女別。
Satonoyu0905c
広くなった浴槽の半分ほどにはジャグジーが設けられています。

さらには露天風呂もついているのです。
Satonoyu0905d Satonoyu0905e

これだけ立派な施設になっても、料金は以前からのままの300円(小学生未満200円)というのがスゴイと思います。
(シャンプー、ボディソープは備えられていないので、持参するか各50円で購入。)
施設を大きくしたのも、ジャグジーまで設けたというのも、より多くの人に温泉を楽しんでもらいたいという“サービス精神”の表れなのでしょう。
毎年、敬老の日には、お年寄りの施設にトラックで温泉を運んで入ってもらうということもされています。

泉質はアルカリ性単純温泉で源泉かけ流し。少しぬるめですが、よく温まるお湯でした。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 地域生活ブログ 福島情報へ

|

« 下郷町の藤の花 | トップページ | 緑深まる五色沼 »

旅行・地域」カテゴリの記事

温泉」カテゴリの記事

コメント

去年の初夏に初めて行きました。当日は雨の日で夏にしては肌寒い日でしたが、体がいつまでも温まる温泉でした。地域の温泉というイメージがぴったりの雰囲気でした。

投稿: F | 2009年5月20日 (水) 21時52分

ほんとうに、地域の皆さんに愛され、旅行者もまたそこで癒されるという、いい温泉施設だと思いました。

投稿: 住人 | 2009年5月21日 (木) 06時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/206851/45074844

この記事へのトラックバック一覧です: 下郷、郷の湯:

« 下郷町の藤の花 | トップページ | 緑深まる五色沼 »