« 観音沼 | トップページ | 『会津若松市史』完結! »

2009年5月 4日 (月)

ゆづりは展

喜多方市熱塩加納町の山奥の黒岩という集落で、自然に寄り添って生活しながら芸術活動を続けておられる方々がいます。「工房ゆづりは」の青砥昭修(アオトアキノブ)さん(日本画家)、小野博子さん(染織家)、佐々木あすかさん(日本画家)の3人。廃校となった小学校分校をアトリエとして創作活動をされています。

「ゆづりは」は木ヘンに思という漢字なのですが、PCでは使えません。新芽が出てくるのを見届けて老葉が散るという樹木の名に由来します。幾世代にもわたって生活の知恵を受け継いできたように、美術の仕事も文化の継承でありたいという3人の方の信条を表わしているのです。

毎年5月の連休に開かれる「ゆづりは展」は工房最大のイベント(ふるさと再生をめざす取り組みでもある)。今年も3日から5日まで開かれていて、私は3日に初めて参加してきました。

黒岩地区は喜多方市の中心部から北へ約15km。途中からはクルマのすれ違いもままならない山道となります。左に大平沼を見て、さらに奥へ。
Yuduriha0905a

黒岩地区に到着。かつては250人も住んでいたのが今ではたった6人とか。
Yuduriha0905b

旧校舎の工房の前では、「地場産品フェア」です。きのこ汁、イワナ塩焼、山菜天ぷらなどの販売も。
Yuduriha0905c

作品展示が行われている“工房”内へ。
かつての教室を仕事場にされているようで、それぞれの作品が展示されていました。
Yuduriha0905d
(青砥さんの部屋)
Yuduriha0905e Yuduriha0905f
(【左】小野さんの部屋 【右】佐々木さんの部屋)

体育館の展示では、メンバー以外の方の漆芸、版画、書などの作品も。
Yuduriha0905g

玄関や廊下まで、広い“工房”いっぱいに展示があって、自然に寄り添う生活から生まれた芸術をたんのうすることができました。

展示は3日から5日まで。「地場産品フェア」(郷土料理の調理体験、山菜体験ツアーなどもある)は3日・4日で、5日には「ジャズ&ボサノバ コンサート」(料金3000円、要予約)があります。《予約・問い合わせ先:工房ゆづりは 0241-36-3329,3828》

工房ゆづりはのホームページに、メンバーの紹介、集落での生活、四季の活動などが掲載されています。
また、福島県会津地方振興局HP内に紹介記事があります。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 地域生活ブログ 福島情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

|

« 観音沼 | トップページ | 『会津若松市史』完結! »

会津のいいこと」カテゴリの記事

地域活性化」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

田舎暮らし」カテゴリの記事

コメント

再度失礼致します。祖母が元気な1970年代に祖母の姉が住む熱塩加納村(当時)に祖母を車に乗せて行った覚えがあります。大きな茅葺の家だった様な気がします。もう6人だけの村落もあるのですか。日本の村落の構成は年と共に高齢化し、若者(長男)が夢を託す事が出来る村はもう二度と来ないと思うと、寂しいですね。経済的な基盤のないは社会は発展不可能ですね。時代の変化が会津の山奥にも押し寄せている今日ですね。

投稿: f. sato | 2009年5月 4日 (月) 11時14分

行ってきましたよ、ゆづりは展。
すごい山奥で山岳ドライブを満喫しました。
帰りは沼の平へ出る道でひとっ飛び。
こんなに近くていいのかしらと思いました。

投稿: CHA | 2009年5月 4日 (月) 18時13分

f.satoさんへ
「限界集落」というイヤな言葉がありますが、集落として維持できなくなりつつあるということですね。
この流れを止めることはできないのでしょうか?
黒岩の3人の芸術家は、雪深い集落の暮らしを維持する作業も率先してやられています。そして、集落出身者やボランティアと共に地域の再生に取り組んでおられます。その努力が実を結んでほしいと願います。

投稿: 住人 | 2009年5月 5日 (火) 16時01分

CHAさんへ
熱塩加納と山都は山を越えればお隣ですね。
山都にも地域で頑張っている人がたくさん居て。
前から住んでいる人、新しく住みはじめた人、力を合わせて何とかしていきたいですね。

投稿: 住人 | 2009年5月 5日 (火) 16時13分

コンサートでは大変お世話になりました。
午前2時半に東京に戻りました。うるいとアスパラをゆでて遅いお昼に食べましたっ。
ちょっと言葉では書けない思いがたくさんありました…皆さんの作品も素敵でした。ありがとうございました。
ひとつだけ、ISAOさんにサインしたのですが、漢字合っていたでしょうか!?

またお会いするときを楽しみにしています。皆さまによろしくお伝えください。

投稿: こじのり | 2009年5月 6日 (水) 15時54分

山菜体験ツアーは、おいらも行きたかったです。

3日のイワナの塩焼き売りは3年ぶりかなぁ〜?!
以前は、コンサート当日開演直前まで焼いてました(笑)

本業そっちのけで楽しんでます。

また、来年も来てくださいねヽ(´▽`)/

・・・この場を借りて・・・・

CHAさんもきてくれてたんですねぇ〜(*^-^)
車に足跡を残していただきました。

こじのりさん・・・
お疲れ様でした(*゚▽゚)ノ
ISAOさんは超ご機嫌でした(笑)
漢字なんてどうでもいい漢字(感じ)!?!?
がははははっ・・・

投稿: 623 | 2009年5月 7日 (木) 07時35分

コンサートは行けなくて残念!!
DVDができたら味わわせていただきます。
“山菜ツアー”よかったです。山菜初心者にとってたいへん勉強になり、山名人のおかげで、立派な山ウドまで見つかり、大収穫でした。記事にしたかったのですが時間がなくて…。

投稿: 住人 | 2009年5月 7日 (木) 15時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/206851/44890328

この記事へのトラックバック一覧です: ゆづりは展:

« 観音沼 | トップページ | 『会津若松市史』完結! »