« ゆづりは展 | トップページ | 新生会の新しい力 »

2009年5月 9日 (土)

『会津若松市史』完結!

Wakamatusisi1

「日本初の本格ビジュアル市史」をうたった『会津若松市史』全25巻(20巻が2冊に分かれているので全26冊)が、1月に発行された第10巻(歴史編10)、このほど発行された第20-2巻(文化編7)と第25巻(民俗編5)をもって完結しました。会津若松市が1999年の市制百周年を記念して編纂・刊行に取り組み、10年にわたって順次刊行してきました。

歴史編10冊、自然編3冊、文化編8冊、民俗編5冊で構成され、A4より幅が広い大きな紙面にカラー写真をふんだんに使い、内容も充実していて、まさに「本格ビジュアル市史」。各巻定価1000円(税込) という手ごろな価格で提供されています。

各巻のタイトルは次のとおりです。
《歴史編》
1(歴史編1)あいづのあけぼの -石器から古墳の時代へ-
2(歴史編2)会津、古代そして中世 -会津嶺の国から武士の支配へ-
3(歴史編3)会津葦名氏の時代 -戦乱、合戦とその興亡-
4(歴史編4)城下町の誕生 -会津近世の開幕-
5(歴史編5)会津藩政の始まり -保科正之から四代-
6(歴史編6)会津藩政の改革 -五代から八代まで
7(歴史編7)会津の幕末維新 -京都守護職から会津戦争-
8(歴史編8)会津近代の始まり -復興、そして若松市の誕生-
9(歴史編9)会津、大正から戦中へ-戦時下の市民生活-
10(歴史編10)会津、戦後から明日へ-戦後・平成・そして未来-
《自然編》
11(自然編1)会津花紀行 -大地に息づく豊かな自然-
12(自然編2)会津の生きもの -生命をはぐくむ小動物-
13(自然編3)会津の大地 -自然の生いたちと姿-
《文化編》
14(文化編1)会津のやきもの -須恵器から陶磁器まで-
15(文化編2)会津の文学 -万葉集から現代文学まで-
16(文化編3)会津の漆器 -挽く・塗る・描く・蒔く-
17(文化編4)会津の仏像 -仏都会津のみ仏たち-
18(文化編5)会津の人物 -生きる、風土に育む精神性-
19(文化編6)会津の史的風景-町、町並み、街道を歩く-
20-1(文化編7)会津の絵画と書-近世から現代まで-
20-2(文化編7)会津、刀剣の美-刀剣・刀装具-
《民俗編》
21(民俗編1)会津の民俗芸能 -歌と踊りと子供の遊び-
22(民俗編2)職人の世界 -暮らしと手仕事-
23(民俗編3)会津の年中行事 -季節の行事、日常生活-
24(民俗編4)会津の昔話と伝説 -語る、伝えたいあいづ-
25(民俗編5)人の一生と暮らし-人生儀礼・民間信仰-
揃えて会津の歴史を通観するもよし、興味がある分野の巻を手にとってみるのもよいでしょう。

地元の書店や物産販売所などに置いてありますが、ネット書店などでは扱っていないようなのが残念です。入手したい場合は下記に問い合わせされるといいでしょう。
《お問合せ先》
会津若松市役所秘書広聴課市史編さんグループ (日曜・月曜はお休み)
電話:0242-28-9611(直通)
FAX:0242-28-9613

なお、会津若松市HP内に内容を紹介しているページ(新しい巻は未掲載)があります。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活ブログ 福島情報へ

|

« ゆづりは展 | トップページ | 新生会の新しい力 »

会津のいいもの」カテゴリの記事

会津の歴史」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/206851/44949406

この記事へのトラックバック一覧です: 『会津若松市史』完結!:

« ゆづりは展 | トップページ | 新生会の新しい力 »