« 紅葉の磐梯山 | トップページ | 蔵のまちがアートに染まる »

2009年9月30日 (水)

秋の新生会展

Sinseikaiten0909a
会津工芸新生会展2009秋が本日開幕しました。会津若松市の会津町方伝承館(Tel.0242-22-8686)で10月4日(日)まで開かれています。(9:30~17:30、最終日は16:00まで)
会津工芸新生会は福島県の会津地方で工芸に携わる方々のグループで、44年の歴史があります。漆、金工、陶、木工、七宝、ステンドグラスの6つの分野にわたり、ベテランから若手までと、バラエティに富んだ方々です。

すばらしい作品がたくさんあったのですが、ちょっと面白いなと思ったものを4つご紹介しておきます。

Sinseikaiten0909b
大沢周一さんの「ミニ茶入れ」。会津もめんの袋で携帯できるようにとのこと。“マイお茶”を持ち歩くというのも、いいかもしれません。

Sinseikaiten0909c
北見優子さんの「和ネイル」。小さいものに、漆という素材の魅力が込められていると感じました。
この方は、昨年春に会津漆器技術後継者訓練校を卒業された若手です。

Sinseikaiten0909d
成田敏夫さんの可愛らしい「バイオリン」。ブローチなのです。

Sinseikaiten0909e
小池悠太さんの「COLORS」。リングの漆のライン(各色)がアクセントになっています。
彼は宝飾店の後継ぎなのですが、短大で漆を学び、“ジュエリーと漆のコラボ”を追求している意欲的な若手です。

あとは会場に足をお運びください。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活ブログ 福島情報へ

|

« 紅葉の磐梯山 | トップページ | 蔵のまちがアートに染まる »

会津のいいもの」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/206851/46354340

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の新生会展:

« 紅葉の磐梯山 | トップページ | 蔵のまちがアートに染まる »