« 青春通りに集う | トップページ | 錦秋のゴールドライン »

2009年10月12日 (月)

喜多方へ行ったら

蔵のまち・喜多方は「喜楽里(きらり)博」(~11/30)で賑わっています。
その喜多方へ行ったらぜひ立ち寄っていただきたいのが、仲町商店街の三十八間蔵(旧 嶋新荒物店)で開かれている常設写真展「蔵並みギャラリー」です。

Kuranami0910a
表通りに立看板がありますが入口は奥まったところにあるので、見逃さないようにしましょう。(写真の建物は旧嶋新荒物店の店蔵)

Kuranami0910b
店の裏に続いている「三十八間蔵」は、その名のとおり長さが約70m(3つの蔵を連結したという)もある見事なもので、数々のポスターやロケで使用されたそうです。

Kuranami0910c
蔵の中で開かれている写真展は、人知れず消えゆこうとしていた喜多方の蔵を撮り続け、世に知らしめた、故金田実氏(地元で写真荘を営む)の写真と、合併で喜多方市に加わった熱塩加納、山都、高郷、塩川地域の多彩な蔵の写真が並べられています。合併で蔵の数は2600から4100に増え、人口1人当たりの蔵の数が日本一だとか。

金田氏と共に、今年亡くなった嶋新荒物店の先代・長嶋新佐久さんを紹介するパネルも置かれていました。新佐久さんは、観光客が蔵のまち・喜多方を訪れるようになった頃、無料奉仕で蔵を案内し、お茶でもてなしました。
ここには、蔵のまち・喜多方の“歴史”が展示されているのです。

写真展は2010年2月28日まで開かれており、開館は10:00~15:00、入場協力金100円となっています。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 地域生活ブログ 福島情報へ

|

« 青春通りに集う | トップページ | 錦秋のゴールドライン »

会津のいいこと」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

先程喜多方の知人から電話があり、会津はあすの晩にも初雪の便りとの事でした。当方もあさってには初雪の予報が出ています。1年経つのは早いとよく言われますが、数か月前の夏に会津を訪れたのが遠い昔に思います。今年の冬も厳しいと存じますが、お体に気をつけて頑張ってください。

投稿: F | 2009年11月 1日 (日) 21時12分

平地でも雪が積もりそうとの予報ですね。
11月初めですから、例年になく早く。(10月に降った例もありますが)
そちらの冬はいっそう厳しいと思いますので、Fさんもお体に気をつけてください。

投稿: 住人 | 2009年11月 2日 (月) 08時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/206851/46466493

この記事へのトラックバック一覧です: 喜多方へ行ったら:

« 青春通りに集う | トップページ | 錦秋のゴールドライン »