« 舟引き祭りと巫女舞 | トップページ | 春を見つけに »

2010年3月12日 (金)

会津の“彼岸獅子”

会津の春は、“彼岸獅子”と共にやって来ます。

腰に鞨鼓(太鼓)をつけて踊る鞨鼓獅子舞。3匹1組のものが多く三匹獅子舞とも呼ばれ、東日本に流布しています。
由来については、源義家が前九年の役で士気を鼓舞するため舞わせたという伝承もありますが、江戸時代初めごろに会津に伝わったもののようです。お盆に祖先の供養として墓や寺で踊られていたのが、江戸後期には春の彼岸に若松城下で踊られるようになり、会津の春の風物詩「彼岸獅子」となりました。

かつては30組もあったそうですが、現在では10組ほどに減ってしまいました。会津若松市の下居合獅子団、天寧獅子団、小松獅子団、本滝沢獅子保存会、会津美里町の西勝彼岸獅子保存会、喜多方市の下柴獅子団、中村彼岸獅子保存会、磐梯町の赤枝青年会などが、それぞれに特色のある獅子舞を守り続けています。

Higanjishi0803d
(赤枝彼岸獅子 2008.3.18)

いつ、どこで見られるのか? 私が得た情報を載せておきます。

春分の日の3月21日(日)は、会津若松市内で天寧獅子団、小松獅子団の公演があります。場所と時間は《会津若松観光物産協会-会津彼岸獅子》のページをご覧ください。

会津美里町の西勝彼岸獅子は、会津美里町のホームページによれば開催日は3月20・21日となっています。

喜多方市については、市の観光交流課から情報をいただきました。
〈下柴彼岸獅子〉
3月15日(月) 1時~ 白山神社奉納
3月19日(金) 9時30分頃~ 市街地(上町~下町)
3月20日(土) 9時30分頃~ 市街地(下南~駅)
3月21日(日) 9時30分頃~ 市街地(小田付 AMのみ  12時頃 まこと食堂)
〈中村彼岸獅子〉※一部を掲載
3月21日(日) 8時30分 旧121号村松南側より  12時~1時 せせらぎ食堂よりしののめ荘へ  4時~ 関根別れ又は壇別れあたり
(雨天の場合は22日に変更)
3月22日(月) 8時30分~ 松山町地区内  12時30分頃 道の駅喜多の郷

磐梯町の赤枝彼岸獅子は、3月18日(木)は会津若松市内、3月19日(金)は磐梯町大寺地区、3月21日(日)は磐梯町赤枝地区です。「会津 赤枝 彼岸獅子」というブログに「獅子舞日程」の記事がありましたので、参考にしてください。

《これまでの“彼岸獅子”記事》
「赤枝の彼岸獅子」(2008年3月18日)
「一足早く彼岸獅子」(2009年1月26日)
「彼岸獅子、本番!」(2009年3月17日)

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 地域生活ブログ 福島情報へ

|

« 舟引き祭りと巫女舞 | トップページ | 春を見つけに »

会津のいいこと」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/206851/47788180

この記事へのトラックバック一覧です: 会津の“彼岸獅子”:

« 舟引き祭りと巫女舞 | トップページ | 春を見つけに »