« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月29日 (木)

桜の名所なのです

Akaedasakura1004a
これは、わが家で借りている畑からの「八幡神社の桜」(磐梯町赤枝地区)の眺めです。
今年は4月になって大雪があったりで遅れていましたが、3日ほど前に開花、もう満開に近いようです。(本日9時30分ごろ)

ここは、知る人ぞ知る、磐梯町の桜の名所の1つなのです。30分ほどの作業の間にも何組かのカメラマンが。(こんなところに畑が借りれて幸せですね)

磐梯町は西から東へ徐々に標高が上がっていくので、順を追って桜が楽しめます。赤枝地区は最西部で最も早い。
磐梯町の桜の名所を紹介した昨年の記事がありますので参考にしてください。

今年の「八幡神社の桜」はこんな構図で。
Akaedasakura1004b

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活ブログ 福島情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年4月18日 (日)

ついに200回!

「21世紀の寺子屋」。地域づくりをめざしての「小さな宿の勉強会」。
「花ホテル講演会」が、ついに第200回を迎えました。

それは、圓蔵寺(福満虚空蔵尊)の門前町で湯のまちでもある柳津(やないづ)の、温泉旅館「花ホテル滝のや」で開かれています。
始まったのは2001年2月。私が初めて参加させていただいたのは、この講演会がすでに100回を数えた、2007年11月でした。(記事

2010年4月16日、記念すべき第200回の講師をつとめてくださったのは、特定非営利活動法人「せんだい・みやぎNPOセンター」代表理事の加藤哲夫氏。タイトルは「こんなときあなたが、必要とされている!」-会津や奥会津の輝きを次世代に伝えるために-でした。
Hanahotel1004a

加藤氏は福島県出身で、小学1年生の途中から4年生の途中まで、奥会津・三島町で思い出多い少年時代を過ごされました。
長年、環境・エネルギー問題、HIV薬害訴訟などに関わってこられ、1997年には市民活動支援の専門組織「せんだい・みやぎNPOセンター」を設立され、市民の活動を社会的に認知させ、行政を変え、市民が助け合う地域を作るために、精力的に活動を続けておられます。

豊富な事例を交えながらの、目からウロコ…のお話でした。
ネットで動画が配信されていますので(こちら)、ぜひご覧ください。

「地域づくりとは“人間交際”のデザインだ」と、加藤氏はおっしゃいます。「活性化とは人間関係の刷新だ」とも。
加藤氏のまなざしは“人間”に注がれています。

200回を重ねてきた花ホテル講演会へは、「地元の人同士が深め合う」ことが大事だとのメッセージ。

200回の節目にふさわしい講演会だったと思います。

講演会後の懇親会。
Hanahotel1004b
200回を祝い、さらなる発展を祈って。

講演会を主宰してこられた花ホテルの塩田氏へ、特製ケーキの贈呈も。(右が塩田氏、左は講師の加藤氏)
Hanahotel1004c
ケーキのまん中には塩田夫妻の似顔絵が。何と言っても、奥様(若女将)と二人三脚での“偉業”ですから。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活ブログ 福島情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月14日 (水)

梅の花が…

Ume1004a
Ume1004b
我が家の梅もようやくほころんできた(写真上が昨朝)と思ったら、今朝(写真下)はこんなことに…。
そろそろ会津でも桜の便りが聞かれようという季節なのに。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活ブログ 福島情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月 6日 (火)

この季節だけの露天風呂

奥会津・金山町の只見川畔に、この季節だけの“季節限定露天風呂”があります。
なぜか雪どけの季節にしか湧出しません。年によっていつ湧き出すのか、いつ止るのか定まりません。途中で止ってしまう日があったり、復活したりということもあるのです。
今年は例年より早く3月7日に噴出しましたが、残雪が多くて危険だったので、4月3日に解禁となりました。

それは、大塩温泉の共同浴場に隣接した民宿たつみ荘の敷地内にあります。
Oshioroten1004a
無料で入れていただけるのですが、たつみ荘さんに声をかけてください。

Oshioroten1004b
露天風呂へ下りてゆく斜面には、福寿草が満開でした。

Oshioroten1004c
Oshioroten1004d
Oshioroten1004e
勢いよく噴き出す炭酸泉。茶褐色のぬるめのお湯にゆったりと浸かりながら、只見川の春を満喫。

なにせ気まぐれな露天風呂です。最新の情報を民宿たつみ荘さんが発信(こちらのページ)してくださっていますので、お確かめの上、おでかけください。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 東北旅行へにほんブログ村 地域生活ブログ 福島情報へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月 1日 (木)

復活!“夢の森”

Yumenomori1004a
Yumenomori1004b
喜多方市熱塩加納町の日帰り温泉施設(保健福祉センター)“夢の森”が復活をとげました。
2008年11月、温泉井戸クリーニング作業中にポンプが落下、復旧を試みるもうまくいかず、新たな井戸を掘削することになり、ようやく本日の再開となったのです。

関東の方が、療養のため近くに家を借りて通ったという話があるくらい、お湯の質には定評があります。
大人300円・小人200円という気軽に行ける料金も魅力です。

Yumenomori1004c
平日にもかかわらず大広間にはたくさんの人。“待ちに待った”再開に、話もはずみます。

Yumenomori1004d
落葉松林に囲まれた露天風呂。
Yumenomori1004e
こんなのも作られていました。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 旅行ブログ 東北旅行へにほんブログ村 地域生活ブログ 福島情報へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »