« 「会津磐梯山」をたっぷりと | トップページ | 磐梯町でも秋祭り »

2010年9月14日 (火)

磐梯町の史跡を学ぶ

今日は「磐梯山の歴史と慧日寺」という講座があって行ってきました。ジオパークガイド養成講座の第3回なのですが、誰でも参加できるとのことだったので、地元・磐梯町の歴史を勉強しようと。

まずは磐梯山慧日寺資料館で、今日の講師の白岩賢一郎学芸員による講義です。

Bandaisankouza1009a
磐梯山と慧日寺を中心にした会津のパノラマの前では、徳一はなぜここに慧日寺を開いたのか?、郡役所や勝常寺との関係、山岳信仰(修験道)との関係などについて説明していただきました。

Bandaisankouza1009b
史跡慧日寺のパネルの前では、史跡の全体像、調査や整備の進捗状況などについて説明していただきました。

次は金堂、中門などが復元された中心伽藍地区に場所を移し、発掘調査で判明したこと、復元工事で留意したことなどを詳しく説明しながら、案内していただきました。
Bandaisankouza1009c

Bandaisankouza1009d
徳一廟では、特別に覆堂の扉を開けて中まで入れていただきました。

午後は、1キロほど山の方へ入った龍ヶ沢湧水へ、歩いて。
日本名水100選に選ばれた磐梯西山麓湧水群の代表的存在です。
慧日寺によって雨乞いの儀式が行われた場所だそうですが、にわかに掻き曇り、雷鳴がとどろき…。
Bandaisankouza1009e

次は磐梯町西部の陣ノ山舘跡へ。伊達政宗が摺上原の戦いののち黒川城に入るまでの短期間に滞在した陣跡。縄文の遺跡でもあり、城氏の舘跡との言い伝えもあるそうです。
Bandaisankouza1009f
町指定史跡なのですが、草が生い茂り…。

最後は磐梯山ゴールドライン手前の源橋地区にある不動滝(蛇追ヶ滝)。
Bandaisankouza1009g
磐梯山・吾妻山への修験道ルートの修行場の1つだったそうです。

今日は、磐梯町に住んでいながら今まで知らなかったことを、たくさん学ぶことができました。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 旅行ブログ 東北旅行へにほんブログ村 地域生活ブログ 福島情報へ

|

« 「会津磐梯山」をたっぷりと | トップページ | 磐梯町でも秋祭り »

会津の歴史」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/206851/49448911

この記事へのトラックバック一覧です: 磐梯町の史跡を学ぶ:

« 「会津磐梯山」をたっぷりと | トップページ | 磐梯町でも秋祭り »