« 松島とSENDAI光のページェント | トップページ | 裏磐梯で温泉めぐりを »

2011年1月10日 (月)

無病息災を祈って

昨夜は私が住む更科団地の歳の神(サイノカミ)でした。
Sainokami11a
Sainokami11b
神聖な火にあたりながら、スルメやオミキをいただいて、無病息災を祈ったのでした。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活ブログ 福島情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

|

« 松島とSENDAI光のページェント | トップページ | 裏磐梯で温泉めぐりを »

会津のいいこと」カテゴリの記事

田舎暮らし」カテゴリの記事

コメント

はじめてコメントします。
昔、会津に住んでいたので、懐かしくて時々お伺いしていました。
写真に写る歳の神の雰囲気から、自分の原風景のようなものを思い出しました。
うらやましいですね。

投稿: シン | 2011年1月25日 (火) 17時32分

シン様
コメントありがとうございました。
会津では各地でそれぞれの形で「歳の神」が行われています。
トラックバックもありがとうございました。
シン様のブログをお訪ねしてみましたが、充実していて感心しました。時々おじゃましたいと思います。

投稿: 住人 | 2011年1月26日 (水) 18時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/206851/50542415

この記事へのトラックバック一覧です: 無病息災を祈って:

» 松飾りを納める [風の人:シンの独り言(大人の総合学習的な生活の試み)]
 飯坂散歩のついでに、天王寺の散歩を整理してきた。そのうちに、新年の季節だよりを整理する期を逃したなと思ったら、時々立ち寄らせている「会津暮らし」のブログに、「無病息災を祈って」と題した記事があった。  2枚の写真に写っているのは、思い出す少年時代の歳の神の様子そのものだった。  歳の神には、子どもたちが各家庭から集めた炭俵やワラを積み上げる。そこに、しめ縄や門松をなどの正月飾りを入れて、日が落ちると、それ等に火を点け、その炎で歳の神をお見送りし、改めて無病息災を祈る。  その火を町内の家... [続きを読む]

受信: 2011年1月25日 (火) 05時32分

« 松島とSENDAI光のページェント | トップページ | 裏磐梯で温泉めぐりを »