« 飯豊山麓「氷筍ツアー」 | トップページ | “洒落物”と“洒落者”-前篇 »

2011年2月25日 (金)

“会津は終わらない”

会津漆器技術後継者訓練校第7期生の修了制作展が開かれています。
漆の道を志す若い方々の2年にわたる研修の成果を見せていただくのが、この時期の楽しみです。
K1102a

今年の修了生は、塗専攻の五十嵐健太さん、大泉倫香さん、小松愛美さん、蒔絵専攻の玉田香織さん、本間美夏さんです。
訓練校で学んできた様々な技法(課題)の作品と、集大成として取り組んだ修了制作の作品が展示されていますが、修了制作品の一部を紹介しましょう。

K1102b
五十嵐さんが「これしかない」と取り組んだ高坏の1つ「華彩坏」。

K1102c
大泉さんのユニークなお椀の時計。後方に見える多彩に塗り分けられたオカリナ(演奏できる)も面白いですね。

K1102d
小松さんの「ごみばこファミリーMONSTER」。これなら小さい子もポイポイと…

K1102e
玉田さんの「秘蜜」。蜜の香りが立ちのぼってくるようです。

K1102f
本間さんの「知る人ぞ知る 会津の四季」。そこらあたりの風景が、しっとりとした漆の作品に仕上がっていました。

会津漆器技術後継者訓練校は、前身の「養成所」時代を含め40年の歴史があります。現在の会津漆器界で中心的に活躍している方々の中にも卒業生がたくさんおられます。
その訓練校が、2010年度は募集停止となり存続が危うかったのですが、2011年度から募集が再開されました。蒔絵専攻、塗専攻が交互に隔年の募集となります。

今回の展示会に付けられた“まだまだ会津は終わらない!!”というタイトルは、停滞を打破しようという第7期生の強い意気込みのあらわれなのでしょう。
新鮮な感性・感覚を生かし、さらに技術を磨いて、未来を切り開いていってほしいと思います。

会津漆器技術後継者訓練校第7期生修了制作展は、2月27日(日)まで会津若松市の会津町方伝承館(Tel.0242-22-8686)で開かれています。時間は10時~17時(最終日は16時まで)です。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活ブログ 福島情報へ

|

« 飯豊山麓「氷筍ツアー」 | トップページ | “洒落物”と“洒落者”-前篇 »

会津のいいこと」カテゴリの記事

会津のいいもの」カテゴリの記事

地域活性化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/206851/50968052

この記事へのトラックバック一覧です: “会津は終わらない”:

« 飯豊山麓「氷筍ツアー」 | トップページ | “洒落物”と“洒落者”-前篇 »