« 霊験あらたか? | トップページ | 春は来ました »

2011年3月18日 (金)

震災と磐梯町

3月11日に発生した「東日本大震災」。私が住む磐梯町でも震度5強を観測しましたが、幸いに人的被害は無く、物資の不足は生じているものの、まずまず平穏です。しかし、原発の事故は収まる気配がなく、今後の影響の広がりが心配です。
磐梯町でも避難者の受け入れをしていて、17日18時現在で153名の方が町民体育館におられます。私もボランティアに登録、少しでもお役に立てればと思っています。

例年春分の日に行われている磐梯神社の「舟引き祭りと巫女舞」(県指定重要無形民俗文化財)は中止になりました。

春の彼岸に町内や会津若松市内で演じられている「赤枝の彼岸獅子」は、議論を重ねた結果、予定通り行うことにしたそうです(若松でいつもお世話になっている方が亡くなられ、ご家族から是非との依頼があったそう)。
先祖への供養と共に、今回の震災で犠牲になられた方々への供養ともなることでしょう。

長い戦いになりそうです。あせらずに頑張っていきましょう。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活ブログ 福島情報へ

|

« 霊験あらたか? | トップページ | 春は来ました »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

1100年に一度の大震災と原発の放射能漏れで未曾有の被害に遭われた方々へお悔みと哀悼の意を表します。これからが日本国民の力の見せ所です。
頑張って下さい。我が郷土磐梯町も被災者の方々を受け入れ協力しているのこと頼もしい限りこの上ないです。
住人さんも奉仕に協力惜しまないとの事心強いです。
古里日本頑張れ。

投稿: f. sato | 2011年3月21日 (月) 05時38分

お見舞いと激励、ありがとうございました。
頑張ります。
原発も自衛隊や消防の方々の頑張りで悪化がくい止められているようです。

投稿: 住人 | 2011年3月21日 (月) 05時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/206851/51150827

この記事へのトラックバック一覧です: 震災と磐梯町:

« 霊験あらたか? | トップページ | 春は来ました »