« 原発事故書籍リストに追加 | トップページ | 肘折温泉で元気をもらって »

2011年7月15日 (金)

原発事故書籍リストに追加(2)

2011年6月30日の記事「原発事故の嘘と真実」で掲載した《原発事故に関する書籍》リストへの追加、その2です。
上記記事、7月 2日記事での追加と、併せてご利用いただければ幸いです。

『暴走原発列島!!危険度200%』(OAK MOOK )(オークラ出版,2011.7) 税込1200円
[内容紹介]
安全が崩壊した原発ルネッサンス 「放射能汚染の終わりなき始まり」 溢れ出る行き場の無い核のゴミ!!
チェルノブイリを超えた被爆線量。10年後、20年後の健康被害は?
食物連鎖で放射能凝縮。MOX燃料の脅威。Special Feature Article:使用済み核燃料のゆくえ、10万年後の安全とは?急がれる自然エネルギーへの転換。
想像を絶する事実!既に処分出来ない核のゴミ。使用済み核燃料59,000体。
ここなら安全?TOKYOホットスポット。関東地区放射能汚染。

鎌田實著『なさけないけどあきらめない チェルノブイリ・フクシマ』(朝日新聞出版,2011.7) 税込1470円
[目次]
第1章 マルに近いサンカクを探る;第2章 カマタ・フクシマノート(3月;4月;5月);第3章 三人と意見をぶつけ合ってみる(山下俊一・長崎大学教授―チェルノブイリと福島原発 同じ病巣と相違点;住田健二・大阪大学名誉教授―組織も監視も情報公開も原子力は未成熟だった;田中優・エコロジスト―すぐに原発廃止しても節電と自然エネルギーで対応できる)

菊地洋一著『原発をつくった私が、原発に反対する理由』(角川書店,2011.7) 税込1470円
[内容紹介]
福島原発、東海原発の建設において現場を指揮した著者は、当時から原発の危険性に気づいていた。「必ずいつか、大事故が起こる」。原発の脆弱な内部構造と被曝労働の過酷な現場を知り尽くした男の壮絶な手記。

小出裕章著『原発はいらない』(幻冬舎ルネッサンス新書)(幻冬舎ルネッサンス,2011.7) 税込880円
[内容紹介]
12万部を突破したベストセラー『原発のウソ』の著者が放つ、3.11事故後の第2弾! 福島第一原発は今、どんな状況なのか。放射能汚染は、今や首都圏にも広がってきている。このままでは、日本は「汚染列島」と化してしまう。40年にわたり「原子力研究者として、原発をやめるための研究」に励んできた著者の反原発運動の経緯をたどりながら、原発事故が最悪の場合、日本列島に壊滅的な打撃を与えることを客観的に論証する。では、すべての原発を廃炉にしたあとは、どうすればいいのか? 「化石燃料を使う火力発電は地球温暖化を促す」とか、「原子力発電の経済的効率性を重視する」といった原発推進論者の主張に鉄槌を下しつつ、「電力を好き勝手に使う強欲文化」から、「人と地球にやさしいスローライフ文化」への大転換を提案する。今、最も信頼できる原子力研究者が、渾身の力を振り絞って原発廃絶の思いを綴った覚悟の書。40年の反原発研究人生の集大成ともいえる「小出メッセージ」の決定版!

桜井淳著『福島第一原発事故を検証する』(日本評論社,2011.7) 税込1470円
[目次]
第1章 福島第一原発の連鎖的な大事故はなぜおきたか―軽水炉の根源的危険性と連鎖的大事故の原因(軽水炉の根源的危険性―福島第一原発の特徴;非常用ディーゼル発電機の機能喪失の原因―安全審査の構造的欠陥 ほか);第2章 事故の深刻な影響―放射能汚染・被曝・損害賠償・廃炉(放出された放射性物質の量;深刻な土地汚染と食物汚染 ほか);第3章 事故前夜に日本の原子力発電がかかえていた懸念(泊原発の発電機不作動で露呈した品質管理の劣化;JCO臨界事故一〇年―米国並みの安全規制実現を ほか);第4章 制度の構造的欠陥がまねいた福島第一原発事故―人災はどうしておきたか(崩壊した安全性の主張;日本の原子力開発の構造的欠陥―導入技術至上主義 ほか);第5章 結論―大事故を二度とおこさないために(あらためて軽水炉の安全性を問う;福島第一原発事故に謙虚に学べ)

日本版ニューズウィーク増刊 2011年8月号『原発はいらない』(阪急コミュニケーションズ,2011.6.22) 税込600円
[目次]
《THE NEW ENERGY ERA エネルギー新時代》 ◇フクシマ後に吹き荒れる脱原発の嵐 ◇エネルギー革命に揺れる原子力の未来
《THE FUKUSHIMA SHOCK フクシマの衝撃》
《THE FUTURE OF ELECTRIC POWER 電力の未来》 ◇電力自由化は「支配構造」解消から
 ほか

広河隆一著『暴走する原発 チェルノブイリから福島へこれから起こる本当のこと』(小学館,2011.5) 税込1365円
[目次]
第1章 チェルノブイリから福島へ;第2章 チェルノブイリ原発事故;第3章 汚染の規模;第4章 体内被曝の現実;第5章 小児甲状腺がんの激増;第6章 避難民調査報告;特別寄稿 広河隆一氏に期待する(広瀬隆)

広瀬隆著 たんぽぽ舎著『こういうこと。 終わらない福島原発事故』(金曜日,2011.7) 税込1050円
[目次]
第1章 福島原発で起こっていること―東京・豊島公会堂での講演会より(広瀬隆)(福島の子どもたちを守りたい;事故は現在進行中;大変な放射能が漏れ出ている;配管が破損している;津波の前に地震で壊れた;なぜ情報を隠すのか;「チェルノブイリの1割」報道;全原発とも「安全停止」不能;津波は「想定外」だったのか;デタラメ発表と受け売り報道 ほか);第2章 食卓にしのびよる放射能―放射能測定にもとづく報告(鈴木千津子/山崎久隆(たんぽぽ舎));第3章 子どもたちを守りたい―福島のお母さんたちに聞く(成澤宗男(『週刊金曜日』編集部))

広瀬隆著 明石昇二郎著『原発の闇を暴く』(集英社新書)(集英社,2011.7) 税込798円
[内容紹介]
東日本大震災によって引き起こされた福島第一原発事故。これは断じて、想定外の天災ではない。明らかな「人災」である。チェルノブイリ事故直後に『危険な話』を刊行した広瀬隆。10年前に浜岡原発事故のシミュレーションを連載し、著書『原発崩壊』で今日の破局を予見した明石昇二郎。原子力発電の危険性と原子力行政の暗部を知り尽くす2人が、「あってはいけないことを起こしてしまった」構造とその責任の所在を、“実名”を挙げて徹底的に白日の下にさらす緊急対談。危機にある国民が、「原発」について真摯に考えるための必読書!
〈主な目次〉
  第1章 今ここにある危機 本当にこわいことはメディアに出ない/子供たちの被曝/「半減期」という言葉にだまされるな
第2章 原発崩壊の責任者たち 原子力マフィアによる政官産学のシンジケート構造/放射能事故は「お百姓の泥と同じ」/保安院はなぜ「不安院」なのか/「被曝しても大丈夫」を連呼した学者たち/耐震基準をねじ曲げた“活断層カッター”
第3章 私たちが考えるべきこと原発がなくても停電はしない/独立系発電事業者だけでも電気は足りる/電力自由化で確実に電気料金は安くなる/必要なのは電力であって、原子力ではない

『日本を脅かす!原発の深い闇』(別冊宝島)(宝島社,2011.7) 税込980円
[目次]
まえがき 原発は国ぐるみの詐欺   別冊宝島編集部
Part1 隠される放射能汚染
Part2 御用メディア&文化人の罪
 誰も書けなかったテレビ・新聞・雑誌の腐敗 東電広告&接待に買収されたマスコミ原発報道の舞台裏!  神林広恵
 北野武、大前研一、勝間和代、茂木健一郎……etc. 「原発文化人」の妄言メッタ斬り!   中田 潤
 …ほか
Part3 原発利権の深い闇
 国民が大量被曝しても頭の中は「カネ」と「票」 原発再稼動で蠢く! 永田町の罪深き「原発族」──その全実名   一ノ宮美成+グループ・K21
 …ほか
Part4 原発アンダーグラウンド
Part5 原発推進の陰謀
東電、原子力安全・保安院を刑事告発する方法   明石昇二郎


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活ブログ 福島情報へ

|

« 原発事故書籍リストに追加 | トップページ | 肘折温泉で元気をもらって »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/206851/52214132

この記事へのトラックバック一覧です: 原発事故書籍リストに追加(2):

« 原発事故書籍リストに追加 | トップページ | 肘折温泉で元気をもらって »