« 「★必見です↓」 | トップページ | 「道の駅ばんだい」間もなく2周年 »

2011年8月 5日 (金)

原発書籍リストをUP

福島原発事故発生から間もなく5ヵ月。東電・政府・マスコミは原発事故と放射能汚染の真実を伝えず、対応は遅れに遅れています。
そんな中で私たちは、自ら情報を集め、判断し、行動していくしかないのでしょう。
その一助にと、原発事故に関する書籍のリストを数回にわたって掲載してきましたが、現時点でまとめたものを独立ページとしてUPしました。(今後も追補していく予定)
ご利用いただければ幸いです。

《原発事故に関する書籍》


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活ブログ 福島情報へ

|

« 「★必見です↓」 | トップページ | 「道の駅ばんだい」間もなく2周年 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

福島原発」カテゴリの記事

コメント

原発の問題は東電の問題でもあり、また日本の原子力政策の問題でもありますね。日本の政治文化が生んだ統治者と統治される側の国民との縦の社会が今回の問題に発展したのではないでしょうか。東電が100%真実を公開しているとは思いませんし、今迄の自民党や公明党との癒着やら、官僚によるヤラセ等政.経.官.の統一戦線は日本の“民主主義”を盾に支配者意識の台頭の何ものでもないと思っています。まぁ、国民の政治に対する不信の欠如が政府自民党の長年続いた経済一点張りの単独政権に加担したのではないですか。

投稿: aizucowboy | 2011年8月 9日 (火) 11時56分

根底には日本の国民の意識の低さ、“民主主義”が育っていないことがありますね。
これからの“選択”を誤らないようにしないと。

投稿: 住人 | 2011年8月10日 (水) 06時37分

原発の闇を暴くを読みました。自民党の先生方、民主党の自民党出身者は原発について何の責任も感じていないのでしょうか?東京電力だけの責任ではありません。マスコミも含めて責任の所在のみならず今後の対策を講じていくことが“国民の生活が第一”を標榜する与党がすべき事だと思います。

投稿: F | 2011年8月12日 (金) 21時52分

“除染”などの対策も不十分なまま“解除”が先行しています。
放射能汚染は広い地域に及んでいるのに、きめ細かな調査をしていません。食品検査ももっと徹底してやるべきです。
権力争いに明け暮れるのではなく、住民のため、国民のために行動してほしいものです。

投稿: 住人 | 2011年8月13日 (土) 05時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/206851/52398776

この記事へのトラックバック一覧です: 原発書籍リストをUP:

« 「★必見です↓」 | トップページ | 「道の駅ばんだい」間もなく2周年 »