« 福島原発事故発生から1年 | トップページ | 癒しの旅 »

2012年3月12日 (月)

「原発いらない!」の声を響かせて

郡山市の開成山野球場で開かれた「原発いらない! 3・11福島県民大集会」は、主催者集計で1万6千人が参加の文字通り「大集会」となりました。(遠くは沖縄からの参加も)
Genpatsuiranai1203a
内野席は通路までいっぱいとなり、外野席も開放。

13:00から、加藤登紀子ほかによる「オープニング・コンサート」。加藤さんは被災地を訪れながら作ったという歌も。

14:00から「県民大集会」。
実行委員会委員長の開会のことば、呼びかけ人代表のあいさつがあり、
ノーベル賞作家・大江健三郎さんのユーモアを交えた「連帯のあいさつ」。
「県民の訴え」では、小学生の子供2人と福島市から米沢市へ自主避難した母親、二本松市で長く有機農業に取り組んできた男性、漁業再開を願う相馬市の漁師の妻、美しい村・飯舘で牛を育て高原野菜を作っていた農業者、楢葉町から郡山市へ転校した女子高校生、先の戦争で引揚げを経験し再び流浪を強いられた浪江町の婦人と、6人それぞれの胸を打つ訴えがありました。
途中14:46に全員起立して黙祷。
「集会宣言」を採択して閉会となりました。

集会後は、「原発いらない!」の声を響かせながら会場近くの大通りを行進。(1車線確保されていた)
横を通るクルマの多くが、窓を少し開けて私たちの声に耳を傾けてくれました。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活ブログ 福島情報へ

|

« 福島原発事故発生から1年 | トップページ | 癒しの旅 »

福島原発」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/206851/54202157

この記事へのトラックバック一覧です: 「原発いらない!」の声を響かせて:

« 福島原発事故発生から1年 | トップページ | 癒しの旅 »