« 癒しの旅 | トップページ | この国は何という…… »

2012年4月 7日 (土)

安全基準???

「野田佳彦首相は6日夕、定期検査中の原発の再稼働をめぐり枝野幸男経済産業相ら関係3閣僚との協議を官邸で開き、新たな安全基準を正式決定した。」(共同通信記事)
「再稼働が焦点となる関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)が新基準を満たしているか経産省原子力安全・保安院に検証するよう指示し」「関電に対しては中長期的な対策に向けた実施計画(工程表)の作成を要請した」(同記事)とのことで、「工程表提出と保安院の検証結果を受けて首相と3閣僚が来週にもあらためて協議し、再稼働を認めるかどうか最終判断する」(同)という段どりである。

「新基準は政府が既に指示した緊急安全対策や、保安院が3月末に公表した30項目の対策などを整理し直した内容。」で「中長期的な対策は工程表の策定を義務付けるにとどまり、安全性確保は不十分との批判も出そうだ。」(同)
《共同通信社「大震災級津波を想定、新基準決定 大飯原発の検証指示」》

はじめから「再稼働ありき」の“猿芝居”。
呼応して蠢きだした輩もあちこちに。

北海道新聞の社説が的確に指摘しているので全文を引用する。《リンク

原発安全基準 露骨な「再稼働ありき」(4月7日)
(全文引用)
野田佳彦首相は、定期検査で停止した原発の再稼働の可否を判断する新たな安全基準を決めた。
関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の再稼働に向け、首相が「暫定的」な基準づくりを指示してから出来上がるまで、わずか2日間である。
その中身も、福島第1原発の事故直後に電力各社が緊急安全対策として実施済みの項目が並び、免震棟の建設など時間のかかる対策は今後の課題とされた。
これでは、用意された答案に沿って試験問題を作成したようなものだ。「再稼働ありき」の意図が露骨と言わざるを得ない。
基準からは、いつの間にか「暫定的」という言葉が外された。大飯以外の原発の再稼働の判断にも適用されることになる。
しかも基準をまとめたのは、死に体の経済産業省原子力安全・保安院だ。4月から安全対策を担うはずだった原子力規制庁は、与野党の対立で発足のめどすら立たない。
このままでは、不十分な暫定的基準がなし崩しに正式な基準になってしまう恐れがある。
「地元」の同意もないがしろにされようとしている。
藤村修官房長官は、地元の同意は法律で義務づけられていないため、再稼働の前提条件にならないとの認識を示した。法的にはそうだろう。
しかし、政府はこれまで同意が前提と繰り返し表明しており、これを翻したことになる。
大飯原発の再稼働をめぐっては、隣接する滋賀県や京都府などが反発している。
原発事故の被害は広域に及ぶ。だからこそ政府は、原発の防災重点区域を10キロ圏から30キロ圏に拡大する方針を決めたはずだ。枝野幸男経産相も日本全国が地元と述べた。
原発の運営には立地地域との信頼関係が欠かせない。
福島の事故の教訓から「地元」の範囲を広げる議論をすべき時に、再稼働強行の姿勢をちらつかせるとしたら、誠意を疑われる。
安全の新基準は本来、福島の事故原因の徹底解明の後、新たな規制体制の下で策定されるのが筋だ。
事故の検証の途中で、原子力規制庁の発足も見通せない現状では、時間がかかるだろう。政府が今夏の電力需給を懸念するのも分かる。
だが、電力不足を問題にするなら、電力各社が信頼できる需給見通しを公表するのが先決だ。
廃止が決まった保安院が即席で作った基準がまかり通るようでは、福島の事故の前と変わらない。拙速な手続きで再稼働を進めても、国民の理解を得られるはずがない。
(引用終り)

「用意された答案に沿って試験問題を作成したようなもの」とはぴったりの表現だなあ。


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活ブログ 福島情報へ

|

« 癒しの旅 | トップページ | この国は何という…… »

福島原発」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/206851/54411387

この記事へのトラックバック一覧です: 安全基準???:

« 癒しの旅 | トップページ | この国は何という…… »