« 小雨の中を | トップページ | “幻の露天風呂” »

2012年7月15日 (日)

7月15日は…

きょう7月15日は、124年前の1888年(明治21年)に磐梯山が大噴火した日です。
水蒸気爆発によって、北側にあった小磐梯は崩壊、U字型の大火口が生じました。爆風と大量の土砂が甚大な被害をもたらし、477人の命を奪いました。
また、土砂で川がせき止められ、裏磐梯の湖沼群が誕生した(湖底に沈んだ集落も)のでした。
本日、猪苗代町の西勝寺で「噴火殉難者供養祭」が行われます(15:00~17:00)。

Bandaikakou0606b
磐梯山北側の大火口。(2006.6.2撮影)

Bandaisan1207a
今朝の磐梯山。小雨に煙っています。(磐梯町更科団地付近から)

磐梯山噴火から11年後の1899年(明治32年)7月15日には、岩越鉄道(現在の磐越西線)が会津若松まで開通しました。磐梯町駅(当時は大寺駅)が開業したのもこの日です。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活ブログ 福島情報へ

|

« 小雨の中を | トップページ | “幻の露天風呂” »

会津の歴史」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/206851/55198133

この記事へのトラックバック一覧です: 7月15日は…:

« 小雨の中を | トップページ | “幻の露天風呂” »