« 7月15日は… | トップページ | “吾妻の瞳” »

2012年7月16日 (月)

“幻の露天風呂”

奥会津は金山町の大塩温泉、只見川河畔に、雪どけの季節だけ湧き出す“季節限定露天風呂”があります。
このブログでも何度か紹介してきました。
“幻の露天風呂”へ》(2007年4月 8日)
この季節だけの露天風呂》(2010年4月 6日)

昨年7月末の“会津・新潟豪雨”の影響(ダム湖の水位低下)か、今年はダメだったようです。
その代りなのか、ダム湖底から60年ぶりに“河原の湯”が姿を現したのです。
雨や上流ダムの放流で増水すれば水をかぶり、復旧が進んでダム湖が満たされれば姿を消す運命。まさに“幻の露天風呂”です。
本日、入ることができました。
Oosio1207a

無料で入ることができます(運がよければ)が、民宿たつみ荘さんに声をかけください。
建物の後ろから急斜面を河原へ下ります。

ブログ「たつみ荘」で日々情報発信されています。
関連記事を2つ。
2012/06/04《新潟・福島豪雨災害の置き土産?、ダム湖底から60年ぶりの復帰?『幻の炭酸源泉』・・・
2012/07/01《河原の湯の60年前の雄姿と叔母と一緒に・・・川底へ沈む前の記念撮影・・・

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ 東北旅行へ にほんブログ村 地域生活ブログ 福島情報へ

|

« 7月15日は… | トップページ | “吾妻の瞳” »

旅行・地域」カテゴリの記事

温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/206851/55211150

この記事へのトラックバック一覧です: “幻の露天風呂”:

« 7月15日は… | トップページ | “吾妻の瞳” »