カテゴリー「書籍・雑誌」の記事

2021年3月11日 (木)

こんな本を待っていた!

01s

添田孝史著『東電原発事故10年で明らかになったこと』(平凡社新書 966)
(平凡社,2021.2)\840+税
「2011年3月、福島第一原子力発電所事故発生から10年―。
事故はなぜ起こったのか、津波と電源喪失は本当に防げなかったのか、
どのように裁かれているのか、そしてなにが隠蔽されてきたのか。
事故の責任追及、賠償の進捗状況は…。
1万ページ以上におよぶ膨大な事故調査報告書や裁判記録をもとに、
事故の深層、被害と裁判の現状を活写。
直後から真相を追ってきた科学ジャーナリストが明かす
史上最悪「レベル7」の事故の全体像。」
(カバーの内容紹介文)

5年前の3月15日の記事で私は、
「事故の徹底した検証をせず、責任をとらず、被害者への補償はケチり、放射能から人々を護ろうとはせず、・・・
目先の利益を求め、原発再稼働(さらには新設)・輸出へと走る政・官・財。
こうしたことを許している国民の“多数派”。
この国は一体どうなっているのか?」
と記した。
その後の5年はさらに惨憺たる様相。(「復興五輪」???)

しかし、「真実」と「正義」を求める“少数派”はいたのだ。
様々な裁判に何年も取り組んでいる人々が
権力におもねる司法にも「良心に従う」裁判官が
テレビや大新聞がダメでも伝えるべきことを伝えようとするジャーナリストが。

以下に目次を掲げます。(クリックで拡大表示)
03s 
04s
05s

| | コメント (0)

2018年7月27日 (金)

「本の森」で郷土資料の整理

一昨日と今日、「本の森」で郷土資料の整理をしてきました。
そして、郷土資料リストを3つ更新し、
新たに「東日本大震災・福島原発事故関連」のリストをUPしました。
「本の森」のホームページ上からダウンロード(Word文書)できますので、
訪れてみてください。
http://hon-mori.d.dooo.jp/a003.html
たくさんの方々のご協力で、かなり充実してきています。
(つくりつけ本棚も1つ増えました)
ご利用いただければ幸いです。


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活ブログ 福島情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 5日 (月)

フクシマの“真実”を求めて

Kensyou1_2
Kensyou2
(目次はクリックで拡大表示)
原子力資料情報室編『検証福島第一原発事故』(七つ森書館,2016.4) 5500円+税 
会津若松市立会津図書館に希望を出して買っていただきました。

フクシマで起こったことの“真実”
フクシマで起こっていることの“真実”
フクシマのあるべき“真実”
に近づくために、
大いに役立つ本だと思います。


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活ブログ 福島情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 9日 (土)

「本の森」の桜も開花しました

今日は「ふくしま本の森」へ。
4月から土曜日の当番になっています。

「本の森」の桜も開花宣言です。
001

郷土資料もどんどん増えてきています。
006

リスト(Word文書)を《ホームページ》からダウンロードできるようにしました。

基本的には館内での利用になりますが、 複数あるものなど一部は貸出ししています。
コピー機も設置しました。
007

一緒に学び、語りあいましょう。
ご利用をお待ちしています。


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活ブログ 福島情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月29日 (土)

磐梯町で木村真三氏講演会

NHKのETV特集『ネットワークでつくる放射能汚染地図』で、フクシマの各地で放射線を測定し対策に奔走する姿が印象的だった木村真三氏。
今も、福島県にかまえた拠点とチェルノブイリを往復しながら、原発事故被災者のために働き続けています。

多忙な時間をさいて、磐梯町でも講演会を開いていただけることになりました。
●演 題:「原発事故と私たちの生活」
●講 師:木村真三先生(独協医科大学准教授・同大国際疫学研究室長
                    二本松市放射線アドバイザー)
●と き:4月6日(日) 午後1時30分~
●ところ:磐梯町交流館(耶麻郡磐梯町大字磐梯字山道311-62、0242-74-1288)
●無料
※終了後、交流会を予定しています
※小さいお子さんは託児室でお預かりします
主催:磐梯町の子どもたちを放射能から守る会

Photo_6
(クリックで大きな画像が表示されます)

木村先生は今年2月に本を出されています。

木村真三著『「放射能汚染地図」の今』(講談社,2014.2)
Photo_3
【内容情報】(「BOOK」データベースより)
原発事故はまだ何も終わっていない。そのことを日本人は忘れてはならない。福島で被災者とともに闘い続ける科学者の、3年におよぶ真実の記録。
【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 闘いの前線(福島に礎を置く/環境省に問う/原発直下の町、双葉町の葛藤)/第2章 市民科学者を育てる理由(志田名地区との出会い/汚染地図がもたらした自主性/市民科学者養成講座)/第3章 放射能がもたらす分断(家族の分断/友人・知人、地域社会との分断)/第4章 忍び寄る見えない動き(当事者の声はどこへ/経済活性化と原発再稼働は関係あるか/隠されてゆくチェルノブイリの真実)/第5章 放射能と暮らす時代を生き抜くために(ウクライナの教え/バランス感覚の重要性「答えはひとつ」ではない/未来に何を残すのか)
【著者情報】(「BOOK」データベースより)
木村真三(キムラシンゾウ)
1967年愛媛県生まれ。放射線衛生学者。2000年北海道大学より博士号(地球環境科学)取得。放射線医学総合研究所、労働安全衛生総合研究所を経て2011年8月より獨協医科大学准教授、同大国際疫学研究室長。チェルノブイリ原発事故被災地ウクライナにおける健康調査の功績からジトーミル国立農業生態学大学より名誉教授号を授与される。東海村臨界事故の経験から、福島第一原発事故直後に現地入りして放射線量測定、サンプル採取を実施。汚染の実態を明らかにし、その様子はNHK ETV特集「ネットワークでつくる放射能汚染地図」で反響を呼んだ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

福島原発事故直後、調査に待ったをかける国の機関(独立行政法人)に辞表を提出して現地に飛び込んだ木村氏。
他人のデータで議論するのではなく、自分で調べたことだけにもとづいて発言するという姿勢をつらぬいています。
3年後の今、氏がもっとも伝えたいのは「原発事故はまだ何も終わっていない」ということ。
こちらの本もぜひお読みください。


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活ブログ 福島情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 6日 (日)

『福島原発事故 県民健康管理調査の闇』

“原子力ムラ”の手先でしかない福島県立医大を拠点にした“専門家”たち。隠蔽と保身に走る福島県の“役人”ども。まともな判断ができず指導力もない“知事”。
多くのマスコミが真実の追求を放棄している中で、「県民健康管理調査」なるものの“闇”に立ち向かった「毎日新聞」の調査報道。
このたび1冊の本にまとまりました。
日野行介著『福島原発事故 県民健康管理調査の闇』(岩波新書)です。
R

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
未曽有の原発事故により放出された大量の放射能。住民の健康への影響を調べる福島県の調査の裏で、専門家、行政担当者たちは一体、何をしていたのか。秘密裏に会議を繰り返し、事前に調査結果に対する評価をすりあわせ、議事録までも改竄ー。一人の記者が、“闇”に立ち向かい、調査報道でその実態を明らかにする。

【目次】(「BOOK」データベースより)
1 取材開始/2 県民健康管理調査とは/3 秘密会/4 甲状腺がん、見つかる/5 シナリオ/6 何を決めていたのか/7 改竄された議事録/8 甲状腺検査/9 批判/10 原子力規制委員会/11 直接インタビュー

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
日野行介(ヒノコウスケ)
1975年生まれ。九州大学法学部卒。毎日新聞社入社後、大津支局、福井支局敦賀駐在、大阪社会部、科学環境部を経て東京社会部。大阪社会部では司法担当が長く、和歌山県談合・汚職事件、薬害イレッサ訴訟や泉南アスベスト訴訟、郵便不正事件などを取材。敦賀駐在や科学環境部では原発を中心に取材した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月11日 (木)

フクシマの26年後

やっぱりでしたね。
「意見調整はなかった」と。
仲間うちで調査するのですから、当然の結果でしょう。
※福島県の調査のデタラメさは、ブログ「いるかちゃん ~ 子どもを守れ@福島市」の《【福島県】県民健康管理調査 検討委員会:「秘密会」 「まず準備会で、意見集約」と明記された文書が存在した!!》を参照してください。毎日新聞がひき続きガンバっています。(2012.10.13追加)

県民健康調査の検討委員会で秘密の準備会が行われていた問題。
前記事でもリンクさせていただいたブログ「みんな楽しくHappy♡がいい♪」の《県が主導「原発事故とがん発生の因果関係を否定する秘密会議」毎日新聞スクープ記事》で、毎日新聞の2つの記事を読んでいただけば、山下俊一の一味と福島県の役人どもがやってきたことは明らかです。

「運営を見直す」といったことで済む問題ではない。
「県民の健康を守るためにはどうすべきなのか」が一番の問題なのです。
このままでは…

チェルノブイリ原発事故から26年のウクライナの姿が、フクシマの26年後の姿ではないでしょうか。
いや、政府や福島県の対応を見れば、もっとひどい状況になるかも知れません。

ウクライナ政府は昨年4月に「チェルノブイリ事故から25年 未来のための安全」と題する報告書を発表し、9月23日のETV特集「シリーズ チェルノブイリ原発事故・汚染地帯からの報告 第2回 ウクライナは訴える」でその内容が紹介されました。 
取材をしたディレクター2人により『低線量汚染地域からの報告 チェルノブイリ26年後の健康被害』という本も出版されました。(馬場朝子・山内太郎著、NHK出版、2012年9月25日発行、税込1470円)
Photo

私も購入して読んでいるところです。
当時の子どもたちの甲状腺がん発症は現在も増え続けています。大人にも、事故後に生まれた子どもにも、循環器系・消化器系・呼吸器系など様々な疾患や健康悪化が広がっています。
(日本で避難の基準とされる年間20mSvより放射線量が低い地域でも)
いずれもっと詳しくとり上げたいと思いますが、とりあえず目次を掲げておきます。

第1章 26年後のチェルノブイリ原発
第2章 被災地からの叫び ウクライナ政府報告書
第3章 低線量汚染地域に生きる人々
第4章 広がる甲状線疾患
第5章 放射線と様々な病気との関係
第6章 ウクライナの医師たちの思い
第7章 福島の「いま」
第8章 闘う市民たち
第9章 未完の除染
第10章 ウクライナ政府報告書における第2世代の健康悪化
第11章 コロステンで生きる

ブログ「原発ゼロ・温暖化阻止 どうしたらできる?」の《暴かれた20ミリシーベルト安全論の虚構 ウクライナ政府報告書に見る病気の蔓延》で、詳しく紹介されています。
また、《http://www.dailymotion.com/video/xttxzo_etvyyyyyyy-yyyyyyyyyyyy-yyyyyyyyy_news》でETV特集の動画を見ることができます(いつ削除されるかわかりませんが)。


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活ブログ 福島情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月11日 (火)

今日で1年半

福島原発事故発生から1年半になりました。

まったくイヤになりますね。
我が身のことしか考えない政治屋どもの醜い姿。
官僚どもはドサクサに紛れてやりたい放題。
東電はまともな賠償もせずに企業防衛ばかり。
どこか遠い国にでもいるようなテレビや新聞。

しばらく休んでおりましたが、自分のできる範囲でまたやっていこうと思います。
原発から目をそらしてしまったら、彼らの思うツボですから。
長い長い闘いになるでしょう。

原発事故に関する書籍 2012》を追補しました。

クルマにはこれを貼って走っています。
120911s


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活ブログ 福島情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月11日 (金)

「原発事故に関する書籍」のリストを分けました

福島原発事故発生から14ヵ月。
大飯原発3・4号機再稼働への野田政権のメチャクチャなやり方は大きな反発を受けて頓挫、日本の全原発が停止となりました。
しかし、財・政・官・学の“原発連合”は、虎視眈々と“原発再稼働”を狙っています。
このほど認定を受けた東電の総合特別事業計画は柏崎刈羽原発の再稼働を盛り込んでいるし、夏の電力不足の危機感を煽って大飯原発再稼働を急ごうとしている。
“必要”なら“安全”は二の次でいいのか?
“おカネ”が命や健康よりも大事だろうか?
今こそ、“フクシマで起こったこと”から学んで、“転換”すべきときではないのか。

「原発事故に関する書籍」のリストも膨大になりましたので、2012年1月以降の分を別のリストにしました。
原発事故に関する書籍 2012

これからが正念場。
小さな声でも、上げ続けていこうと思います。


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活ブログ 福島情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月11日 (水)

この国は何という……

福島原発事故発生から1年が過ぎ、さらに1ヵ月が過ぎました。
「この国は何という……」との暗たんたる気持ちがつのるばかりです。

“原発再稼働”に向けた“猿芝居”はあきれるばかりですが、国民がこれを許してしまうとしたら、どこかの“全体主義国家”を批判するどころではないでしょう。

ともあれ、頑張り続けるしかありません。「原発はいらない!」と。

今月も《原発事故に関する書籍》のリストを追補しました。次の8冊を追加。

飯田哲也著『原発とサヨナラする54の理由 未来の大人たちに教えたい』(牧野出版,2012.4) 税込1575円
[目次]
プロローグ 原発ことはじめ(一体、今まで日本人はどういうふうに原発と付き合ってきたの?);1 原発のウソとホント(福島原発の事故処理はいつ終わるの?;日本の原発の技術は高いんじゃなかったの? ほか);2 未来のエネルギーと私たちの選択(仮に原発を止めても、すぐに自然エネルギーを導入するのは無理なのでは?;風力とか太陽光発電だと、電力の供給が不安定になるのでは? ほか);エネルギー参考資料(核のゴミってどんなもの?;知ってトクするエネルギーキーワード集 ほか)

小出裕章著『騙されたあなたにも責任がある 脱原発の真実』(幻冬舎,2012.4) 税込1000円
[目次]
4号機は危険な状態が続く。影響は横浜まで及ぶ可能性も? 西日本も汚染されている。文科省はなぜデータを公表しない? 原発を60年まで認める政府 チェルノブイリは運転2年で事故 「首都圏直下型地震は4年以内に70%」の衝撃 「SPEEDIは避難の役に立たない」班目発言をどう受け止めればいい? 原発は電力会社が儲かるだけ。やめれば電気代は下がる? 緩すぎるコメの規制基準値。子どもに食べさせて大丈夫? 出荷できないお米は東京電力の社員食堂で食べるべき?

澤田哲生著『誰も書かなかった福島原発の真実』(ワック,2012.4) 税込1575円
[目次]
第1章 福島第一原発事故の366日;第2章 事故調査・検証委員会―中間報告書を読み解く;第3章 放射能・内部被曝のウソとデタラメ;第4章 報じられない被災者と原発立地住民の本音;第5章 原発復活への4つのカギ―原子力規制庁/ストレステスト/核燃料サイクル/トリウム原発;終章 御用学者と呼ばれて―あとがきにかえて

橋本玉泉著『東電・原発副読本 3・11以後の日本を読み解く』(鹿砦社,2012.3) 税込800円
[目次]
第1章 唯一の稼動中原発差し止め判決とその意味;第2章 歴史的大事故が起きても傲慢な態度を続ける東京電力の暴虐;第3章 「反原発」を報道しないマスコミと拒絶する政府・東電記者会見;第4章 マスコミが絶対に報道しようとしない脱・反原発デモの概要;第5章 反原発をめぐり混乱する発言と市民の動き資料編

肥田舜太郎著『内部被曝』(扶桑社新書)(扶桑社,2012.3) 税込760円
[要旨]
じわじわと命を蝕む低線量被曝の恐怖。広島で被爆して以来、6000人の被爆者を診てきた95歳の医師が警告。
[目次]
第1章 原発事故の影響でこれから何が起こるのか;第2章 体を侵す放射線被害;第3章 低線量被曝のメカニズムを解明した「ペトカウ効果」;第4章 低線量・内部被曝の怖さ;第5章 被爆体験と「原爆ぶらぶら病」;第6章 “一億総被曝時代”を生きるには;第7章 原発のない社会へ向けて

広瀬隆著『第二のフクシマ、日本滅亡』(朝日新書)(朝日新聞出版,2012.2) 税込861円
[目次]
序章 次の大事故が迫っている;第1章 六ヶ所再処理工場の即時閉鎖;第2章 全土の原発の廃炉断行と使用済み核燃料の厳重保管;第3章 汚染食品の流通阻止のためのベクレル表示義務づけ;第4章 汚染土壌・汚染瓦礫・焼却灰の厳重保管;第5章 東京電力処分とエネルギー問題;第6章 原発廃止後の原発自治体の保護

福島原発事故独立検証委員会『福島原発事故独立検証委員会 調査・検証報告書』(ディスカヴァー,2012.3) 税込1575円
[目次]
第1部 事故・被害の経緯(第1章 福島第一原子力発電所の被災直後からの対応 第2章 環境中に放出された放射性物質の影響とその対応);第2部 原発事故への対応(原子力施設の安全規制および法的枠組 第3章 官邸における原子力災害への対応 第4章 リスクコミュニケーション 第5章 現地における原子力災害への対応 特別寄稿);第3部 歴史的・構造的要因の分析(第6章 原子力安全のための技術的思想 第7章 福島原発事故にかかわる原子力安全規制の課題 第8章 安全規制のガバナンス 第9章 「安全神話」の社会的背景);第4部 グローバル・コンテクスト(第10章 核セキュリティへのインプリケーション 第11章 原子力安全レジームの中の日本 第12章 原発事故対応をめぐる日米関係);最終章 福島第一原発事故の教訓--復元力をめざして 検証委員会委員メッセージ 資料 福島第一原子力発電所の不測事態シナリオの素描

矢ケ崎克馬/著 守田敏也/著『内部被曝』(岩波ブックレット)(岩波書店,2012.3) 税込588円
[要旨]
東日本大震災以降、放射能による問題として重要視されている内部被曝とは何か。さらに人体への影響の度合いに、様々な見解があるのはなぜか。いまの状況にいたるまでの軌跡をたどりながら、その問題点をわかりやすく解説する。
[目次]
第1章 被曝直後の福島を訪れて;第2章 内部被曝のメカニズムと恐ろしさ;第3章 誰が放射能のリスクを決めてきたのか;第4章 なぜ内部被曝は小さく見積もられてきたのか;第5章 放射線被曝に、どのように立ち向かうのか


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活ブログ 福島情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)