カテゴリー「会津のいいこと」の記事

2017年11月10日 (金)

「本の森」で〈ぶらり歴史歩き〉

「ふくしま本の森」の〈会津の歴史と文化を楽しむ講座〉です。参加費は無料!!
P0133_2




ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活ブログ 福島情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月21日 (水)

『広報あいづばんげ』で「本の森」を大特集!!

「ふくしま本の森」がある会津坂下町の『広報あいづばんげ』(2016.12 No.628)で、「本の森」を大特集していただきました。
特集「ここから始まる本の旅」として、表紙から5ページまで、豊富な写真とともに詳しく紹介されています。
Kouhou

会津坂下町HP内にPDFファイル《リンク》がありますので、ぜひご覧ください。


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活ブログ 福島情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月15日 (日)

本の森→亀ヶ森

今日は、「ふくしま本の森」で、“会津大好き”松本館長の「会津〈楽〉講座」第1弾!「亀ヶ森古墳フィールドワーク」に参加してきました。

「本の森」がある会津坂下町には、会津の長い歴史が刻まれた遺跡や古墳がたくさんあります。
中でも「亀ヶ森古墳」は、東北で2番目の大きさの前方後円墳です(全長127m)。
お隣りには前方後方墳の「鎮守森古墳」もあります。
ここは館長の地元でもあり、第1弾には最適でしょう。
五月晴れのもと、いにしえの会津に想いをはせる楽しい時間をもつことができました。
007

陶芸人さんが作られた「古墳はし置き」のプレゼントもありました。
014s


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活ブログ 福島情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ 東北旅行
へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 5日 (木)

充実した1日

朝は会津の古代について少しお勉強。
10時ごろから妻と奥会津は三島町へと向かいました。

乙女33観音が有名な西隆寺。
20160505a_2

5月3~5日は、裏の山上に祀られている鬼子母神(子供の守り神)の例大祭なのです。
参道はかなり急ですがツツジや名を知らぬ花々が咲く気持ちのいいコース。20分と書かれていましたが、じい・ばあは30分かかって到達。
20160505b

お堂前からの只見川の眺めは最高でした。
20160505c

西隆寺では、午後1時から大神楽の奉納がありました。
20160505d

その後はお気に入りの“つるの湯”へ。新緑が爽快でした。
20160505e

そして晩酌と夕食でしめくくりの「充実した1日」でした。


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活ブログ 福島情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ 東北旅行
へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月16日 (土)

桜満開の「本の森」

今朝の「本の森」。桜が満開です。
005ts

夕方から、スタッフ(ボランティア)のお花見を。
011s_2

なんやかや不思議な縁でここに集まった仲間たち。
それぞれの経験やつながりなどを生かしながら、
それぞれに楽しみも見いだしながら、
子どもや孫たちの世代のために(若いスタッフもいますが)・・・

「本の森」は楽しいところです。
ぜひ来てみてください。

本の森のホームページ


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活ブログ 福島情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月11日 (月)

会津一早い山開き

4月10日(日)、会津坂下町にある(「ふくしま本の森」の近くです)高寺山の山開きに参加してきました。
会津で一番早い山開きだそうです。

高寺山は、西暦540年(いわゆる仏教公伝-538年、552年などの説がある-の頃)、中国(梁)から仏像を携えて渡ってきた青岩という僧が山頂に庵を結んだという伝承のある山です。

あちこちに山桜が咲いていました。
017

途中には僧坊跡と伝わる場所も。
004

標高401.6mの山頂までは約1時間。
山頂には、4世紀のものと推定される前方後円墳(全長48m)がありました。
008

下りは、カタクリの群生地の中を。
015


下山後は、坂下名物の桜肉がたっぷり入った「さくら汁」をいただき、
お土産までいただきました。 (参加費は500円)
023


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活ブログ 福島情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ 東北旅行
へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 9日 (土)

「本の森」の桜も開花しました

今日は「ふくしま本の森」へ。
4月から土曜日の当番になっています。

「本の森」の桜も開花宣言です。
001

郷土資料もどんどん増えてきています。
006

リスト(Word文書)を《ホームページ》からダウンロードできるようにしました。

基本的には館内での利用になりますが、 複数あるものなど一部は貸出ししています。
コピー機も設置しました。
007

一緒に学び、語りあいましょう。
ご利用をお待ちしています。


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活ブログ 福島情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月21日 (月)

時代おくれのホームページ(2)

震災復興支援で全国から寄せられた本の一部を活用し、民間の仲間たちが力を合わせ開設した図書館「ふくしま本の森」。
先月から試作版のホームページを作ってきましたが、とりあえずの公式なものとして情報を発信していくことになりました。
デザインは“時代おくれ”ですので、有能なスタッフに参加していただいて作り直していただきたいと思っています。
Honmori2

            〈http://hon-mori.d.dooo.jp/

4月からの開館日・開館時間(平日午後も開館)、4月の講座・イベントのご案内を載せました。
「本の森」の楽しいニュースもてんこもり。
ぜひ、ご覧になってください。

「本の森」は、森や歴史ある町並の傍らにある《のどかでやさしい空間》(もと幼稚園)。
気軽に、のんびり、本に触れてください。貸し出しは何冊でも、読み終えるまで。
とても楽しいところです。
スタッフ(ボランティア)も、いろいろ楽しみながらやっています。
遊びに来てみてください。


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活ブログ 福島情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 6日 (日)

会津ファンのサロンをめざして

今日は「ふくしま本の森」のボランティアに行ってきました。

郷土資料の部屋を設けようという計画に、多くの方の賛同をいただいて、貴重な資料がたくさん集まりつつあります。
013
分類してリストに載せるのが間に合わないぐらい。

現在は段ボール箱に入った他の分野の本と同居ですが、本棚を増やし、テーブルも置けるようにし、コピー機も設置しようと…
隣の部屋はブック・カフェになる予定だし、会津ファンが集うサロンにしたいと考えています。
春からは月1回程度、“会津大好き”松本館長による、「会津を楽しむ講座」(外へも飛び出して)を開催する計画も。

「ふくしま本の森」のご近所には、

立木観音で有名な恵隆寺
006

会津史の重要史料「塔寺八幡宮長帳」を残す心清水八幡神社
001

など、見どころもいっぱいです。


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活ブログ 福島情報へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年2月27日 (土)

時代おくれのホームページ

昨年11月から、「ふくしま本の森」※のボランティアに参加しています。
※震災復興支援で全国から寄せられた本の一部を活用し、民間の仲間たちが力を合わせ開設した図書館。
私がこれまでやってきたことの多くが、ここで生かせそうな気がします。

1つには、関西で勤めていた私立学校で、図書館の仕事にもかかわったこと、
2つには、会津に帰ってから、会津のいいとこ・いいもの・いいことを探し歩いて、情報や人とのつながりが蓄積できたこと、
3つに、稚拙ながら、ホームページやブログで情報を発信してきたこと、
などです。

今回、「ふくしま本の森」のホームページ(試作版)を作ってみました。
メモ帳(テキストエディタ)で作る簡単なもので、時代おくれではありますが、シンプルもいいのではないでしょうか?(ホームページの原点?)

  

Honmori_3
http://hon-mori.d.dooo.jp/


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活ブログ 福島情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧